ホーム > 広報誌「ケアワーク」

広報誌「ケアワーク」

2016年10月号

特集

“人が自然に集まる”事業所運営をめざして
~地域に根ざして勝ち残るための取り組み~
・医療・介護同時改定を見据え勝ち残る事業所になるには
・スタッフが自然に集まる仕組みを工夫
・地域貢献事業で新たなシナジー効果を
株式会社グレートフル 代表取締役社長 岩﨑 英治(いわさき えいじ)氏

介護を語る

子育てと介護を頑張るダブルケアラーを支援
~「お喋りカフェ」(ダブルケアカフェ)を開催して悩みや想いを共有~
・「お喋りカフェ」での情報交換がダブルケアラーの不安や負担を軽減
・ハッピーケアノートをきっかけに地域の下支えの力を向上させたい
芹が谷コミュニティてとてと 代表 植木 美子(うえき よしこ)さん

他職種との連携の仕方【最終回】

他職種と連携して“生活の困り事”を解決していく
・食事介助について
・認知症について
・栄養について
・筋力の低下を防ぐ
・他職種との連携
・連載を終えて
社会福祉法人 八広会 ヘルパーステーション和翔苑 所長 小谷庸夫氏

対人援助職のための活き活きコミュニケーション 【最終回】> 

“自分とのコミュニケーション”を大切に
~自己理解は、他者理解に繋がる~
・自分と向き合い自分の気持ちを認めれば他者の気持ちも認められるように
・「自分の気持ちと向き合う」ための簡単なトレーニング方法
・自分も他者も大切にして活き活きとしたコミュニケーションを
一般社団法人 日本メンタルアップ支援機構 代表理事 大野萌子氏

これからの時代を見据えた介護経営のあり方【第6回】

人材確保ルートの明確化・体系化(その2)
~ヌケ・モレ・ダブリをなくして応募者を増やす~
・募集ルートを細分化して検討する(続)
・書き出した項目について費用を可能な限り明確化する
株式会社若武者ケア 代表取締役社長 佐藤雅樹氏

ケアトピックス

平成28年11月から家政士検定試験がスタート!
~日本看護家政紹介事業協会が全国11か所で実施予定~
・「家政士」は、オールラウンドの生活支援パートナー
・今年度の検定試験は11月に全国11か所で実施

読者のひろば

☆賛助会員さん登場 【山梨県】 社会福祉法人 壽光会 笛吹荘
特別養護老人ホームとともに、在宅サービス・地域密着型サービスにも注力しています。山梨県で初めて「スキルアップ拠点施設」にも指定されました。
☆支部・支所通信 【茨城支部発】
「介護の日」にちなんで、講演会「在宅介護を支える『訪問介護』と『訪問看護』」を開催します。講師は、ターミナルケア講習でもご好評の角田直枝先生です。これからも情報発信、ならびにさまざまなサポートを進めていきます。

ケア・クッキング講座

【今月の逸品】手軽で食物繊維・たんぱく質がたっぷり「きのこの豆乳味噌汁」
インスタント食品、冷凍食品、市販食品、調理済み缶詰等を上手に利用して、手軽に家庭の味に近づけ、栄養価のアップを図りましょう。今月号ではインスタント味噌汁に季節のきのこ、豆乳を加え、食物繊維やたんぱく質を補います。
相模女子大学短期大学部食物栄養学科 准教授  井上 典代 氏

ページの先頭に戻る