ホーム > 広報誌「ケアワーク」

広報誌「ケアワーク」

2018年2月号

特集

「認知症に備えるアプリ」で予防のための自助活動を
~認知症の人にやさしいましづくりの実現に向けて~
・認知症の人が増えるからこそ認知症を理解してほしい
・認知症の疑いをチェックできるアプリを開発
・ケアと薬のマッチングで症状の改善を
・早期に認知症とわかれば備える努力もできる
高瀬 義昌 氏(NPO法人オレンジアクト 理事長)

知っておきたい!働き方の新常識【第4回】

ライフスタイルに合わせた制度の提案を③
~働き方に制限がある方々への活躍支援~
・働き方に制限がある方々とは
・障害をもつ方への活躍支援
・外国人労働者の活躍支援
オフィスモロホシ 代表 諸星 裕美 氏

介護は最高のエンターテーメント~夢なき時代と嘆く世に、夢を創れる人となれ~【第16回】

介護をローマ字で書くと真ん中には「i(愛)」がある
・やむを得ず利用するのが介護サービス
・愛し合うご夫婦が離れ離れになることも
・妻に会いたい一心で普段は考えられない体力を発揮
・夫婦の絆が奥様の記憶を一瞬戻したのか
社会福祉法人 敬心会 特別養護老人ホーム千歳敬心苑 人事育成担当 山口 晃弘 氏

介護現場でのリスクマネジメント【第7回】

認知症利用者の異食事故を防止するために
«こんな事故が起きました»
老健のショートステイの初回利用者様が異食事故を起こしてしまいました。「異食癖のあることを聞いていなかったため防げなかった。」と家族のかたに説明しましたが施設の責任と主張し市に苦情申し立てしました。
・家族は異食癖について申告する義務があるか?
・ショートステイの異食事故対策は不十分
・「賠償責任を負わない」とする念書は無効
■異食事故防止対策のポイント
①窒息のリスク
②消化器官の損害リスク(強アルカリ洗剤はとくに要注意)
③中毒のリスク(リスクは低い)
株式会社 安全な介護 代表取締役 山田 滋 氏

ケアトピックス

介護労働を魅力あるものに
(公財)介護労働安定センター主催「第23回介護労働シンポジウム」より
平成29年11月11日の「介護の日」の取組の一環として行われました。
【基調講演】
「これからの介護サービスに期待するものとは」
 フリーアナウンサー 町 亜聖 氏
【パネルディスカッション】
「介護保険改正法の方向性と介護事業所の未来を考える」
 埼玉県和光市保健福祉部長寿あんしん課 統括主査 堀江 和美 氏
 介護環境研究所 所長 金沢 善智 氏
 社会福祉法人 ウエルガーデン法人本部採用企画室 室長 杉本浩司 氏

今月のニュース

・介護報酬改定の審議報告まとまる
 (社会保障審議会介護給付費分科会)
・勤続10年以上の介護福祉士について8万円賃上げ
 (閣議決定)
・「みんなの認知症情報学会」設立
 (「認知症は個性であるj」を理念に)
・認知機能検査による運転免許の取消しは697人
 (改正道路交通法の施行状況)

読者のひろば

☆賛助会員さん登場【広島県県】社会福祉法人 あと会 医療法人社団 あと会
「やすらぎ」「ゆたかさ」「よろこび」のある生活を法人理念とし、職員一丸となって「くにくさ」ブランド作りに取り組んでいます。。
☆支部・支所通信【島根支部】わが支部の講師自慢
人材育成に情熱的で、熱い講義で受験生の心を鷲掴み! 寺本直美先生をご紹介します。。

ケア・クッキング

トロミで食べやすく冷めにくい
【今月の逸品】「エビとブロッコリーの中華炒め」
【食のミニ百科】片栗粉の調理特性を活かして、寒い冬を乗り切りましょう。
相模女子大学短期大学部食物栄養科 准教授 井上 典代 氏

ページの先頭に戻る