ホーム > 広報誌「ケアワーク」

広報誌「ケアワーク」

2021月 10月号

特集

【令和2年度 介護労働実態調査結果から】
 令和2年度に実施した「事業所における介護労働実態調査」「介護労働者の就業実態と就業意識調査」の結果を取りまとめました。
 また、同年の特別調査として「新型コロナウイルス感染症禍における介護事業所の実態調査」を実施し取りまとめました。
 詳細は当センターのホームページをご覧ください。http://www.kaigo-center.or.jp/report/

 ケアトピックス

【介護施設における食事提供の効率化 ~よりリーズナブルに、よりおいしく】
Q.現在、介護施設において、どのような食事提供の課題があるのか教えてください。
Q.冷凍食品でも味や栄養は大丈夫なのでしょうか。
Q.介護施設が食事提供にかけている労力・費用については、いかがでしょうか。
Q.今後の課題を教えてください。
クックデリ株式会社 代表取締役 鶯谷 健 氏

介護の情報コーナー

◆介護関係の国の予算、令和4年度は3兆5,292億円を概算要求
(厚生労働省)
◆新型コロナにより介護従事者の3割超でメンタルヘルスに影響
(日本介護クラフトユニオン 就業意識実態調査)
◆介護福祉士などの受験手数料が引き上げに
(政府 閣議決定)
◆適切なケアマネジメント手法の普及推進のための解説動画を新たに公開
(厚生労働省)

今、介護サービス事業者に求められるBCP(業務継続計画)<最終回>

BCP策定のポイント
◆1、BCPの目的
 (1)介護サービスの継続
 (2)利用者の安全確保
 (3)職員の安全確保
◆2、BCPを推進する体制
◆3、被害想定を明らかにする
 (1)被害想定は、できるだけ具体的に記載する
 (2)被害想定の作成は、それぞれの現場の協力を得て行う
◆4、優先業務の把握
◆5、足りない経営資源を補う方法をまとめる
ミネルヴァベリタス株式会社 顧問 信州大学 特任教授 本田 茂樹 氏

メディカルサポートコーチング法で介護現場をコミュニケーション上手に<第3回>

短時間でも実行できる3つの聴くスキル「ペーシング」「うなずきと相づち」「オウム返し」
◆聴くスキル①【ペーシング】
◆聴くスキル②【うなずきと相づち】
◆聴くスキル③【オウム返し】
精神科医 産業医 奥田 弘美氏

読者のひろば

★賛助会員さん登場
【香川県】株式会社 シニアライフアシスト
代表者名:小竹 和夫
所 在 地:〒760-0066 香川県高松市福岡町4-28-27
電話番号:087-851-0155
事業内容:介護付き有料老人ホームの運営、デイサービスの運営、シニア向け賃貸マンションの運営
HPアドレス:https://www.royalcare.jp
★支部・支所通信 【滋賀支所発】わが支所紹介
「責任と調和」のスローガンのもと、一致団結して頑張っております。

ケア・クッキング

栄養バランスがよく食べやすい「あんかけ炒飯」
【ワンポイントアドバイス】
炊いたご飯をいろいろな具材と一緒に炒めたバリエーション豊かな料理です。あんをかけることにより、炒飯が口の中で散らばらない上、水分もとれるので、高齢者に食べやすくなります。
相模女子大学短期大学部 食物栄養学科 准教授 井上 典代 氏

ページの先頭に戻る