ホーム > 広報誌「ケアワーク」

広報誌「ケアワーク」

2019年2月号

特集

入居者の情報・記録を共有し業務改善とサービス向上を実践
~介護分野におけるICT活用の取り組み~
◆健康と福祉、教育の複合型拠点で多世代交流の実現を目指す
◆タブレット端末の記録入力やセンサーで活動量をデータ化
◆ICTの導入は業務負担の軽減い有効
◆街づくりを進める中で皆が高齢者を支える社会に
株式会社 学研ココファン 学研ココファン藤澤SST事務所長 野口 雅史 氏
 

ケアトピックス

(公財)介護労働安定センター主催「第24回 介護労働シンポジウム」より
平成30年11月9日に当センター主催で開催されました、介護労働シンポジウムをお伝えします。
◆基調講演
 介護分野での新たな期待~介護外国人技能実習生の未来~
 医療法人社団 富家会 富家病院理事長 院長 富家 隆樹 氏
◆パネルディスカッション
 外国人労働者を受け入れるための体制作り
 【コーディネーター】
   武蔵大学客員教授 日本生産性本部参与 北浦 正行 氏
 【パネリスト】
  法政大学 社会学部 教授 上林 千恵子 氏
  社会福祉法人 不二健育会 特別養護老人ホームケアポート板橋 施設長 村上 隆宏 氏
  医療法人社団 富家会 富家病院理事長 院長 富家 隆樹 氏                                                                                                                                                      

介護の情報コーナー

◆介護サービス事業者の事務負担軽減で検討開始
 (自民党・国民起点プロジェクトチム)
◆社会保障制度の持続可能性を確保するための改革
 (平成31年度予算編成等に関する嫌疑)
◆NDBと介護DBの連結分埼の基盤構築で報告書
 (医療・介護データ等解析基盤有識者会議)

グループホームの窓辺から【第4回】

有効な面談、研修をするために管理者・事業者として取り組むこと
◆はじめに
1.面談は面接ではない
2.面談を行う際に必要なこと
3.研修について
4.研修内容を仕事で活かせるようになるためには
NPO法人ミニケアホーム きみさんち 理事長 林田 俊弘 氏

新連載 感情労働メンタルヘルス【第1回】

まず「感情労働」とは何かをしりましょう
◆ケアの仕事は「何労働」?
◆感情労働とは何か
◆感情労働者である私たちの仕事は「〇〇すること」
◆今回のまとめ~ケアの仕事は代表的な感情労働です~
東京成徳大学 応用心理学部福祉心理学科・准教授 関谷 大輝 氏

読者のひろば

★賛助会員さん登場
【新潟県】社会福祉法人 坂井輪会 特別養護老人ホーム穂波の里
 「安心のよりどころ」「福祉のまちづくり」を法人理念に揚げ、入居者やご家族の意見を伺いながら人権尊重の援助を貫いてきました。
★支部・支所通信
【栃木支所】魅力的な講習・セミナーのご紹介  ~助成金活用による人材育成(出張研修)の推進~
 一般職員向けとリーダー向けの2種類で各20時間のコースが中心です。また、助成金の活用方法についても人材育成コンサルタントの集団又は個別相談において、年度毎に作成した資料を基に説明を行っています。

ケア・クッキング

【今月の逸品】
 だしの旨味を利用して素材の味を活かす
【食のミニ百科】
 味の五味を大切にして健康的な食生活を
相模女子大学短期大学部食物栄養科 准教授 井上 典代 氏

ページの先頭に戻る