ホーム > 広報誌「ケアワーク」

広報誌「ケアワーク」

2023年6月号

特集

【社会福祉連携推進法人によるグループ連携のあり方を探る】

「志を同じくする5法人が経営や人材面でコアな連携をめざす」
  社会福祉法人 リガーレ暮らしの架け橋 理事長
  地域密着型総合ケアセンターきたおおじ 代表 山田 尋志 氏

 ◆10年前からグループとして活動 コアな連携を求める5法人で結成
 ◆6つの認可要件のうち5つを選択して申請
 ◆人材確保と育成を共に行い多くの人を集める
 ◆生活圏域内での多様な法人連携が次の課題

「自法人独自の取り組みにリガーレの強みを加味」
  社会福祉法人宏仁会 理事長 長根 祐子 氏

 ◆独自の地域貢献活動を リガーレの取り組みでさらに補完
 ◆一歩踏み込んだ経営情報の共有と管理職同士の連携がメリットに
 ◆人材確保・定着やICT化など喫緊の課題を連携で乗り切る

ケアトピックス

「外国人介護人材の在留資格と受け入れの際のポイント」
  サードプレイス社会保険労務士法人 代表社員
  サードプレイス・ネットワーク株式会社 代表取締役 三島 幹雄 氏

 Q.まずは在留資格について、整理をお願いいたします。
 Q.介護事業者がつまずきやすいポイントはありますか。
 Q.入職前に準備が必要なポイントを教えてください。
 Q.入職後、外国人材が職場に定着して活躍するためには何が重要でしょうか。

介護の情報コーナー

 ◆マスク着用や換気について、コロナ「5類」移行後の介護施設等での要点を示す
  (厚生労働省)
 ◆高齢者施設における医療や認知症をテーマに同時改定に向けた議論
  (厚生労働省)
 ◆介護施設の全国団体で女性リーダーが誕生へ
  (全国老人施設協議会)
 ◆特別養護老人ホーム、7割の施設が職員不足
  (福祉医療機関)

知っておきたい「歯と介護」のカンケイ<第2回>

  境平成病院 歯科科長 島谷 浩幸

「口腔ケアで誤嚥性肺炎予防」
 ◆誤嚥性肺炎とは?
 ◆飲み込み(嚥下)がうまくできない原因
 ◆誤嚥性肺炎の予防に口腔ケアは必須

これからの人材マネジメント<第5回>

  東北福祉大学 総合マネジメント学部 准教授 工藤 健一 氏

「マネジメント人材に求められる能力とイノベーションの発想」
 ①事業構想ができる
 ②不断の組織改善に取り組める
 ③イノベーションの発想

読者のひろば

★賛助会員さん登場
 法人名称  : 医療法人社団 博慈会
 代表者名  : 理事長 廣田 省三
 事業所名  : 介護老人保健施設 こみに
 所 在 地   : 静岡県静岡市葵区赤松8-16
 電話番号  : 054-209-7000
 HPアドレス: http://www.communi.or.jp
 展開事業  : 介護老人保健施設、通所リハビリテーション、訪問看護ステーション、
         訪問リハビリテーション、居宅介護支援事業所

★支部通信
【熊本支部発】わが支部紹介
 熊本労働局や熊本県、熊本市等の行政機関や、事業者及び職能団体との連携を強みに、介護事業所を支援しています。

ケア・クッキング

  相模女子大学短期大学部 食物栄養学科 准教授 井上 典代 氏

不足しがちなビタミンB群がたっぷり 『発芽玄米の牛丼』

【ワンポイント・アドバイス】
 牛肉には、たんぱく質や鉄分、ビタミンB2、B6、B12などが豊富で、また、発芽玄米もビタミンB1を多く含みます。今回の牛丼は、高齢者に不足しがちなビタミンB群がたっぷりで、元気を引き出す一品です。

ページの先頭に戻る