ホーム > 広報誌「ケアワーク」

広報誌「ケアワーク」

2021年1月号

新春特別座談会

介護人材確保と魅力発信に向けた新たな展望
◆令和3年度介護保険法改正について
◆介護人材確保と魅力発信のこれまでとこれから
◆コロナ感染症拡大とこれからの介護事業所の在り方
東洋大学ライフデザイン学部 生活支援学科 准教授 高野 龍昭 氏
東京都高齢者福祉施設協議会 副会長 今 裕司 氏
公益財団法人 介護労働安定センター 理事長 小野 晃

ケアトピックス

ポリファーマシー問題における介護職の役割
Q.「ポリファーマシー」とは、どういったことですか。何が問題なのでしょうか。
Q.介護職はポリファーマシーとどのように関わればよいでしょうか。
Q.ポリファーマシーは、介護職の働き方と関係しますか。
東京大学大学院医学系研究科老年病学 教授 秋下 雅弘 氏

介護の情報コーナー

◆特定処遇改善加算の配分ルールの見直しを提案
(社会保障審議会 介護給付費分科会)
◆介護サービスの指定申請・報酬請求文書の押印廃止へ検討進む
(介護分野の文書に係る負担軽減に関する専門委員会)
◆CHASE・VISIT活用の評価対象に居住系サービスも明示
(社会保障審議会 介護給付費分科会)
◆要介護認定率の上昇傾向が続く
(厚生労働省 介護保険事業状況報告)

利用者・家族による ハラスメントを防止する<第3回>

介護施設・事業所として取り組むべき対策(1)
1.組織として基本方針を決定する
2.対応マニュアルの作成と共有・運用
UAゼンセン 日本介護クラフトユニオン 副会長 村上 久美子 氏

脳科学で認知症をポジティブに捉える<最終回>

「幸せ」のパンデミック!
脳活性化リハ5原則は伝染病? いや、伝染笑!
◆脳活性化リハ5原則とは
認知症介護研究・研修東京センター長・群馬大学名誉教授 山口 晴保 氏

読者のひろば

★賛助会員さん登場
【栃木県】有限会社 県南ライフサポート 県南サポートセンター
代表取締役:福田 幸一
所在地  :〒323-0827 栃木県小山市神鳥谷1012番地1
電話番号 :0285-25-1129
事業内容 :訪問介護、居宅介護支援
HPアドレス:http://www.kennan-support.co.jp
★支部・支所通信
【神奈川支所発】コロナ禍における事業運営
新たな取組みとして、セミナーや事業所の相談業務にオンラインを導入して実施いたしました。

ケア・クッキング

おせち料理を食べやすく 「炒めなます」
【ワンポイント・アドバイス】
レンコンと人参を炒めた食べやすい紅白なますを、おせち料理の一品に。
相模女子大学短期大学部食物栄養学科 准教授 井上 典代 氏

ページの先頭に戻る