ホーム > 広報誌「ケアワーク」

広報誌「ケアワーク」

2019年6月号

特集

【介護サービスの向上と業務効率化に向けて】
介護ロボットをどう活用するか
◆社会課題を解決するためのをソリューション提供する
◆介護ロボットの導入には準備段階として業務分析が必要
◆介護ロボット機器の集中的導入で介護業務時間25%軽減を目標に
◆介護ロボット機器導入の効果と課題
社会福祉法人 善光会 理事・最高執行責任者・統括施設局長
特別養護老人ホーム フロース東糀谷施設長 宮本 隆史 氏

ケアトピックス

新たな在留資格「特定技能」創設について
Q、今回、特定技能が介護分野に創設された背景について教えてください。
Q、EPA、ざい資格「介護」、技能実習との違いと位置づけについて教えてください。
Q、特定技能外国人の業務内容などについて教えてください。
Q、外国人を介護人材として受入れる際の公的支援について教えてください。
厚生労働省 社会・援護局福祉基盤課 福祉人材確保対策室 室長補佐 高相 泰忠 氏

Care Report

「オリンピックから学んだ介護」~平成31年3月1日(金)清水宏保氏の講演から~
◆介護へのきっかけ
◆目標をもつことが大切
◆脳と筋肉のつながりを意識する
◆今後に向けて

介護の情報コーナー

◆高齢者虐待が過去最多に
(高齢者虐待防止法・調査結果)
◆介護の新しいデ-タベース「CHASE」の本格運用に向け議論を再開
(科学的裏付けに基づく介護に係る検討会)
◆健康寿命の延伸の目標は3年以上
(有識者研究会・報告書)
◆認知症の人の「注文をまちがえる料理店」が厚労省内で開催
(一般社団法人 「注文をまちがえる料理店」)

リレーインタビュー 一番星☆見つけた!<第2回>

リレーインタビュー第2回は管理職になったデイサービスセンターグリーンライフ湘南台(神奈川県)にお勤めの今野雅隆さんに語っていただきます。

感情労働のメンタルヘルス【第5回】

感情労働のラインケア②~感情労働の魅力を組織的に高めていく~
◆感情労働はやりがいの源になることを理解する
◆感情労働に報いる~チップがないからこそ~
◆チーム支援という大原則に立つ
◆批判・否定しない「コミュニケーション」の場を設ける
◆まとめ~マイナスを減らすだけでなく~
東京成徳大学 応用心理学部福祉心理学科 准教授 関谷 大輝 氏

読者のひろば

★賛助会員さん登場
【岐阜県】医療法人社団 登豊会
 所在地:〒502-0901 岐阜県岐阜市光町2-46
 ホームページ:https://kaigo.touhoukai.or.jp
 事業内容:介護老人福祉施設仙寿なごみ野、通所リハビリテーション デイケアセンターなごみ野
       居宅介護支援事業所 ちかいし
★支部・支所通信【大分支部】「介護分野における人材確保のための雇用管理改善推進事業」に係る経験交流会を開催しました。

ケア・クッキング

真珠のような肉団子にビタミンB1がたっぷり「珍珠丸子」
【ワンポイント・アドバイス】
エネルギー265kcal、たんぱく質12.6gまた、炭水化物はモチ米から、ビタミンB1は豚肉からと、
1日の摂取基準の約1/3をバランスよく摂取できます。
相模女子大学短期大学部食物栄養科 准教授 井上 典代 氏

ページの先頭に戻る