ホーム > 広報誌「ケアワーク」

広報誌「ケアワーク」

2017年2月号

特集

介護現場でのリスクマネジメント
~最小の労力で最大の効果を生む事故防止手法~
・ミスが起きることを前提にミスを発見する仕組みをつくる
・事故を5段階に分け防ぐべき事故に着目
・3種類に区分してケース検討で原因究明
・防止対策も3種類に区分して優先順位をつける
・「事故対応マニュアル」をあらためてチェック
株式会社安全な介護 代表取締役 山田 滋(やまだ しげる)氏

介護を語る

認知症の人への虐待を防ぐために
~職員が問題をひとりで抱え込まない取り組みを~
・なぜ人は虐待してしまうのか
・仲間と働く喜びが虐待の一番の抑止力
NPO法人ミニケアホーム きみさんち 理事長 林田 俊弘(はやしだ としひろ)氏

将来が見えるキャリア教育【第4回】

職員が専門性を体得するために研修ニーズを明確にして職場研修を実施
・人材育成の責任単位は法人(職場)である
・福祉人材育成において体得すべき専門性とは
・職場研修の具体的な進め方
・職場研修におけるOJTの重要性
社会福祉法人六親会 常務理事 湯川 智美氏

介護は最高のエンターテイメント!【第4回】> 

介護の専門職だからこそお手伝いできる夢がある!
・私の夢を人に話すと笑われる
・高齢者は夢をあきらめなければいけないのか?
・人の夢を馬鹿にしないで!
社会福祉法人敬心福祉会 特別養護老人ホーム千歳敬心苑 人材育成担当 山口晃弘氏

これからの時代を見据えた介護経営のあり方【第10回】

管理者に必要な責務とは(その3)
・利益を増やすためには費用増加率の抑制を目指す
・「正社員中心のモデル」に変化して継続的な教育でサービス水準を向上
株式会社若武者ケア 代表取締役社長 佐藤雅樹氏

ケアトピックス

介護労働を魅力あるものに
~(公財)介護労働安定センター主催の「第22回介護労働シンポジウム」より~
・基調講演「新しい総合事業の現状と今後の取組み」
     新田國夫氏(医療法人社団 つくし会 理事長、医学博士)
・パネルディスカッション「地域を支える介護事業経営の未来」
  公益財団法人 日本生産性本部 参与 北浦正行氏
  宅老所 いしいさん家 代表 石井英寿氏
  株式会社 若武者ケア 代表取締役 佐藤雅樹氏
  NPO法人 楽 理事長 柴田範子氏

読者のひろば

☆賛助会員さん登場 【栃木県】 株式会社フレンド
設立26周年を迎えた当社は、デイサービスセンター、グループホーム、居宅介護支援センター、福祉用具貸与事業等を運営しています。これからも地域密着の企業として信頼されるよう取り組んでいきます。
☆支部・支所通信 【神奈川支所発】
短期専門講習、ケアサポート講習をお願いしている竹田幸司先生をご紹介します。ご自身も腕力に頼った介護で腰痛に悩まされたご経験から、介助する側もされる側も体に負担のかからない方法を研究・実践されています。ユーモアもあふれ、受講生はお話に釘づけです。

ケア・クッキング講座

【今月の逸品】蒸したり茹でたりして野菜たっぷり「温野菜サラダ」
野菜の摂取目安量は1日350g以上とされています。生野菜で摂取するにはかなりなボリュームとなりますが、温野菜にすると、比較的食べやすい分量となります。緑黄色野菜、その他の野菜ともども、バランスよく摂りましょう。
相模女子大学短期大学部食物栄養学科 准教授  井上 典代 氏

ページの先頭に戻る