ホーム > 広報誌「ケアワーク」

広報誌「ケアワーク」

2017年4月号

特集

実践しよう! フレイル対策
・健康と要介護の中間の状態が「フレイル」
・多要素の運動の組み合わせが一番のフレイル予防等対策に
・フレイル対策で健康寿命を延伸
東京都健康長寿医療センター 内科総括部長 荒木 厚(あらき あつし)氏

介護を語る

特養ホームの農園を活用した地域との関係づくり
・遊休農地を活用して地域の高齢者を元気に
・地域との関係性をさらに広げるために試行錯誤
社会福祉法人孝楽会 理事 けやき農園主 井上 友二(いのうえ ゆうじ)氏

将来が見えるキャリア教育【第6回】

リーダーに求められる行動をとり、職員を育成する
・リーダーとは、リーダーシップとは
・リーダーシップ行動論(機能論)
・P(目標達成機能)とM(集団維持機能)
・リーダーに求められる行動とは
社会福祉法人六親会 常務理事 湯川 智美氏

介護は最高のエンターテイメント!【第6回】> 

介護職に知ってほしい家族の想い
・「いつもお世話になっております」
・ご家族の本音
・迫るお孫さんの結婚式!
・介護職の持つチカラ
・ご家族の期待を上回るホスピタリティ
社会福祉法人敬心福祉会 特別養護老人ホーム千歳敬心苑 人材育成担当 山口晃弘氏

これからの時代を見据えた介護経営のあり方【最終回】

介護事業者と公的機関との関わり(その2)
・開設当初から指導いただいた公的機関
・それぞれの立場でベストをつくすことが大事
株式会社若武者ケア 代表取締役社長 佐藤雅樹氏

ケアトピックス

介護保険法等の一部改正案が国会審議中
~平成30年4月からの施行を目指して~
・地域包括ケアシステムの深化・推進と持続可能性の確保を図るために

読者のひろば

☆賛助会員さん登場 【和歌山県】 社会福祉法人萩原会 特別養護老人ホーム 友愛苑
施設は紀ノ川を望める高台にあり、自然に恵まれた環境で、高齢者福祉サービスに取り組んでいます。これからも地域の皆様のお役に立てるよう、精一杯邁進していきます。
☆支部・支所通信 【宮城支部発】
地域の訪問介護事業者の方を対象に「認知症について」の研修をおこないました。庄司浩介先生による講義は「利用者さんとの関係づくりという問題を解決できた」「認知症をより理解できた」と好評でした。

ケア・クッキング講座

【今月の逸品】栄養バランスよく食べやすい「鶏団子の甘酢あん」
食事は「量」(エネルギー補給)、「質」(栄養バランス)、「食事時間」(規則正しさ)以外に、高齢者においては、「食形態」(食事の形状)についても考慮が必要です。食べ物の硬さに注意して飲み込みやすいよう工夫することが大切です。日本介護食品協議会のユニバーサルデザインフード(UDF)マークなどを参考にしてください。
相模女子大学短期大学部食物栄養学科 准教授  井上 典代 氏

ページの先頭に戻る