ホーム > 広報誌「ケアワーク」

広報誌「ケアワーク」

2018年5月号

特集

平成30年度介護保険法改正・介護報酬改定を読み解く
~介護サービス事業者はどう対応すればよいか~
・制度改正や報酬改定の背景を考える
・医療と連携して自宅で最期を迎えられるように
 ①地域包括システムの推進
 ②自立支援・重度化防止に資する質の高い介護サービスの実現
 ③多様な人材の確保と生産性の向上
 ④介護サービスの適正化・重点化を通じた制度の安定性・持続可能性の確保
・制度側のメッセージを実現し人材確保につなげてほしい
藤井 賢一郎 氏 上智大学 総合人間科学部 社会福祉学科 准教授

ケアトピックス

高齢化社会におけるロボット活用の展望
リアルハプテックス技術で介護の幸福な未来を
・介護職のみなさんとチームを組んで役立つロボットを開発したい
・モノに触った感覚をリアルタイムで伝える技術
・「やさしくて力持ち」な脇役としての介護ロボット開発へ
・実用化に向けて介護現場等の専門職とともに
横浜国立大学大学院 工学研究院 知的構造の創生部門 准教授 下野 誠通 氏
慶應技術大学 理学工学部 システムデザイン工学科専任講師 野崎 貴裕 氏

介護の情報コーナー

・地域医療介護総合確保基金を活用した介護従事者の確保を
(社会・援護局関係主管課長会議)
・正社員化などの取り組みを実施した事業主への助成金が一部変更
(キャリアアップ助成金)
・介護の帳票等半減に向け、省令改正等を
(全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議)
・年齢により画一化を見直し、意欲・能力に応じ活躍できるエイジレンス社会に
(高齢社会対策大綱)

介護現場でのリスクマネジメント【第10回】

«こんな事故が起きました»
介護職員のTさんが、下肢筋力が低下してきたOさん(男性92歳)をベットから車椅子に移乗しようとして転倒させてしまいました。車椅子のブレーキはかかっていましたが、効きが悪くなっていたため車椅子が動き転倒させていまったのです。
・介護中の事故の原因分析は最優先
・介護中に起きた事故は原因を5つの視点でチェックする
・介護のヒューマンエラーの要因チェックの実際
「なぜなぜ分析」で隠れた要因を発見
株式会社 安全な介護 代表取締役 山田 滋 氏

知っておきたい!働き方の新常識【第7回】

働き方次第で変わる社会保険等の基礎知識③
・自分の爽籟の年金額を「年金定期便」で確認
・厚生に加入した分だけ将来の年金額がふえる
・雇用保険に加入すると在職中に受けられる給付も
オフィスモロホシ 代表 諸星 裕美 氏

読者のひろば

☆賛助会員さん登場【岩手県】盛岡医療生活協同組合 
安心、安全の介護はもちろんのこと、「その人らしさを最期まで支える介護」にこだわり、認知症ケアや生活機能行為向上に着目したケアに取り組んでいます。
☆支部・支所通信【宮城支部】わが支部の講師自慢
介護職の心に寄り添う講義が人気の橋口愛子先生をご紹介します。

ケアクッキング講座

逸品追加で野菜をたっぷり
【今月の逸品】「大根ときゅうりのごま酢和え」
【食のミニ百科】野菜を意識してたっぷり食べましょう。
相模女子大学短期大学部食物栄養科 准教授 井上 典代 氏

ページの先頭に戻る