ホーム > 介護労働安定センターとは > 当センターについて

当センターについて

設立の概要

公益財団法人介護労働安定センター(英語名:Care Work Foundation[略称CWF])は、我が国の高齢社会の進展に伴う介護労働力の需要増大に対処し、介護労働者の雇用管理の改善、能力の開発・向上、その他の福祉の向上を図るための総合的支援機関として平成4年に設立され、「介護労働者法」の指定法人として現在に至っています。特に平成12年度からは、「介護保険制度」の施行に伴い、介護事業者を含む介護分野全般に対する支援事業を実施しています。

沿革

平成4年2月 センター設立準備室発足
平成4年4月1日 労働大臣(現厚生労働大臣。以下同じ。)から公益法人「財団法人介護労働安定センター」設立許可。
平成4年7月1日 労働大臣から「介護労働者の雇用管理の改善等に関する法律」に基づく指定法人として指定される。
平成25年4月1日 「公益財団法人介護労働安定センター」として運営開始

事業の概要(平成28年度)

1 雇用管理の改善 

  1. 雇用管理に関する相談援助
  2. 雇用管理責任者講習
  3. 事業者支援セミナー
  4. 職場の雇用管理改善好事例の提供
  5. 介護労働実態調査
  6. 介護労働シンポジウムの開催等

2 職業能力の開発

  1. 介護労働者のキャリア形成に関する相談援助
  2. 教育訓練等
    1. 介護労働講習(実務者研修を含む)
    2. 介護人材の養成研修  
    3. 資格取得等を支援する教育訓練
    4. 在職者の向上訓練(短期専門コース、各種指定養成研修、ケア・サポート講習等)

3 介護関係機関との連携

  1. 介護労働懇談会の実施

4 情報の提供

  1. 図書等の発行
  2. 介護情報サイト(care-net.biz)の運営

5 福利厚生の充実

  1. 傷害補償制度
  2. 感染症見舞金制度
  3. 賠償責任補償制度
  4. その他
    1. 賃金不払事故補償制度
    2. 健康診断受診促進事業

ページの先頭に戻る