ホーム > 出版物のご案内 > 新・改訂版 緊急時の介護 ~とっさの症例判断・対応マニュアル~

新・改訂版 緊急時の介護 ~とっさの症例判断・対応マニュアル~

緊急時 big.jpg―「欲しかった、こんな本」。― そう言われ続けるベストセラー。

 

緊急時の心強い助っ人 

  介護現場では、利用者の体調の急変に遭遇することが少なくありません。そんな場面で求められるのは、①病院や救急車との的確で迅速な連携②一次救命措置で生命の危機から救うこと、の2つです。本書では、そんな状況での判断に役立つ正確で実践的な知識を、症例などを交えて紹介します。

※心肺蘇生法について最新の「ガイドライン2010」に対応しています。

※「改訂版 緊急時の介護」と内容の変更はありませんが、表紙やレイアウトを変更し見やすくなりました。

特典付録:「救急法」と「119番」が書かれた下敷き(両面タイプ。さっと取り出せるところ、いつも目にとまるところに置いておくと便利です!!)

A4判 135ページ
定価 (本体価格1,143円+税)
 


 CONTENTS

第1章 緊急時に備える
 (1) 利用者の状態把握kinkyuu_huroku.JPG
    ①利用者の身体状態の見分け方
 (2) 救急要請の方法

    ①利用者の状態把握
    ②緊急に遭遇したとの行動と観察
    ③救急法

    ④119番への連絡
    ⑤119番した後

第2章 急な体調変化の対応
 Ⅰ バイタルに関連する症状

 (1) 意識障害への対応

    ①意識異常が見られる! 『意識障害』

    ②痙攣している!  『痙攣』
 (2) バイタルサインの異常への対応

    ①体温が高い !『発熱』
    ②呼吸の異常が見られる! 『呼吸困難』
    ③脈の異常がある !『脈拍異常』
    ④血圧が高い! 『高血圧』 低い! 『低血圧』
 (3) 痛みへの対応   
    ①激しい頭痛の様子! 『頭痛』
    ②激しい胸痛の様子! 『胸痛』
    ③激しい腹痛の様子! 『腹痛』
    ④急激な腰痛の様子! 『腰痛』
 (4) 水分異常への対応  
    ①脱水かもしれない! 『脱水』
    ②むくんでいる! 『浮腫』
 Ⅱ 排泄物・血液に関連する症状  
 (1) 排泄物の異常への対応
    ①尿が出ない! 出にくい! 『尿閉・排尿困難』
    ②尿が赤い! 血が混じる! 『血尿』
    ③下痢をしている! 『下痢』
    ④便に血が混じっている! 『血便』
    ⑤便が出ない! 少量しか出ない! 『便秘』
 (2) 嘔吐への対応
    ①吐いた! 『嘔吐』
 (3) 出血の際の対応   
    ①突然の鼻血! 『鼻血』
    ②血を吐いた! 『吐血・喀血』


第3章 事故が起こった際の対応
  (1) 転倒・転落への対応
    ①転んだ・落ちた! 『転倒』
    ②けがをして血が出た! 『出血』

 (2) 誤飲・誤薬への対応
    ①食べ物をのどに詰まらせた! 『誤嚥』kinkyuu_102-103.jpg
    ②飲んではいけないものを飲んだ! 『誤飲』 
    ③薬を間違って飲んだ! 『誤薬』
 (3)  熱傷への対応
    ①熱傷下! 『熱傷』

第4章 緊急時への準備・心構え 
 (1)連絡先・連絡体制の確認
    ①連絡先を明確にしておきましょう 『訪問介護』
    ②連絡先を明確にしておきましょう 『施設介護』
    ③連絡・支援体制の確認 『訪問介護』
    ④連絡・支援体制の確認 『施設介護』
 (2)介護職自身の身を守るために
    ①介護職の感染予防対策 

 

 

ページの先頭に戻る