○DVD「終末期のケア」

                        視覚教材の第3弾DVD!                       「終末期のケア~いのちを支える援助的コミュニケーション」

いのちの最期を、あなたはどう支えますか?             

死を目前にした人の苦しみは、人生の中で最も大きな苦しみ...そのような方と関わることは決して簡単なことではありません。言葉を失うような場面であっても、逃げないで、苦しみの中にある方と最期まで向き合える援助者「ささえびと」となるためにはどうしたらよいのか、終末期の利用者を支える方法を学びます。

●1,500人以上の看取りを経験された小澤竹俊先生の指導により、対人援助のエッセンスを凝縮
●「対人援助・相談援助の基本原則」「介護者の基本態度」の学びとしても最適 
●ドラマ化やCG表現で、より明確に、わかりやすく 

体 裁 DVD 約50分
定 価 3,300円(本体価格3,000円+税)
ISBN 978-4-903303-75-8

ご購入はこちら→出版物全一覧へ  

サンプルムービはこちら   digest_Syumatsu (1).wmv

ozawa.jpg

 出演・指導   小澤 竹俊(おざわ・たけとし) 氏                                     1987年東京慈恵会医科大学卒業。1991年山形大学大学院博士課程修了。救命救急センターで循環系医師として勤務後、「延命」より「看取り」の重要性を感じ、ホスピス医になることを決意。横浜甦生病院ホスピス病棟長を経て、2006年めぐみ在宅クリニックを開設。院長として地域での看取りはもちろん、緩和ケア教育なども積極的に実施。この他年間150回を超える講演を精力的にこなしている。

●出演女優      風見 章子(かざみ・あきこ) 氏              映画「男はつらいよ」(松竹S60年)、NHKテレビ小説「おしん」など多数出演。本DVDでお召しの緑色のショールは、風見さんの私物で、「高齢者であってもお洒落は大切だから」と、ご自身自ら素敵に演出してくださっている。                                                                                                                                             


End of life care contents 

                      1.はじめに

                      2.終末期を知る

                      3.苦しんでいる人の理解者になること

                      4.理解者になるための聴き方(援助的コミュニケーション)

                      5.苦しみの中でも穏やかに生きられるのはなぜか

                      6.苦しみと向き合うことは

                      会話実例

                      3.の事例 反復を使わない会話例

                      3.の事例 反復を使った会話例 

図書館の皆さまへ                                                                                   国又は地方公共団体が設置する視聴覚教育施設や図書館法第2条第1項の図書館が、無料で貸し出す場合には、ライブラリー価格を設けています。詳しくはお問合せください。(03-5901-3090)

 (ライブラリー価格とは・・・) 
著作権法第38条第5項 著作権者に対して相当の保証金を支払うことで、著作権処理済商品となり、館内視聴・館外貸出・館内上映・団体貸出をすることができる許諾適用商品のことで「ライブラリー」の語源のとおり、図書館での購入を前提とした価格です。