大分支部


Tel: Fax:
大分支部

◇●◇社会福祉施設における労働災害の発生状況◇●◇

 厚生労働省と中央労働災害防止協会は、労働災害発生件数の多い小売業、社会福祉施設、飲食店での災害防止の取組みを促進させるため、平成29年1月より「働く人に安全で安心な店舗・施設づくり推進運動」を初めて実施します。

社会福祉施設での平成24年と平成28年の労働災害の状況は、5125件から6387件と24.6%増となっています。

社会福祉施設での事故の型は、「転倒」が約3割を占め、「動作の反動・無理な動作(腰痛)」が多くなっています。

介護労働安定センターでは、介護職員の健康確保対策事業として「腰痛予防」や「メンタルヘルス」に関する無料支援事業を行っています。

「腰痛予防」では、講義だけでなくストレッチなど実際に体を動かしての指導もできます。

ご希望の日時に、当センター委嘱の専門家(理学療法士、臨床心理士、看護師等)を活用した研修が出来ます。

  健康確保事業ご案内.png

申込書?    健康相談「申込票」.pdf

お問合せ・お申し込みは?097-538-1481(担当:薬師寺・竹内)

 

厚生労働省【資料】 

ページの先頭に戻る