ホーム > 平成17年度 介護労働実態調査について > 本調査における「用語」について

平成17年度 介護労働実態調査について

本調査における「用語」について

1.本調査では、訪問介護員、介護職員は以下のとおりにした。

(1)訪問介護員(ホームヘルパー)

介護保険法での指定を受けた訪問介護事業所で働き、高齢者等の家庭を訪問して家事などの生活援助、入浴などの身体介護を行う人をいう。

(2)介護職員

訪問介護以外の指定介護事業所で働き、直接介護を行う人をいう。

2.就業形態

(1)正社員

雇用している労働者で雇用期間の定めのない者のうち、パートタイム労働者や他企業への出向者などを除いた、いわゆる正社員をいう。

(2)非正社員

正社員以外の労働者(契約社員、嘱託社員、臨時的雇用者、パートタイム労働者など)をいう。

3.雇用形態

本調査では、非正社員の雇用形態を「契約社員」、「嘱託社員」、「臨時的雇用者」、「パートタイム労働者」に区分した。

(1)契約社員

特定職に従事し、専門的能力の発揮を目的として雇用期間を定めて契約する者。

(2)嘱託社員

定年退職者等を一定期間雇用する目的で契約し雇用する者。

(3)臨時的雇用者

雇用期間が1ヶ月以内の者又は日々雇用しているもの。

(4)パートタイム労働者

正社員より1日の所定労働時間が短いか、又は1週の所定労働日数が少ない者で、雇用期間は1ヶ月を超えるか、又は定めのない者。

4.勤務形態

(1)常勤労働者

事業所の定める所定労働時間を全て勤務する者(正社員、嘱託社員等の名称にかかわらない。正社員は全て常勤労働者である。)

(2)短時間労働者

1日の所定労働時間、又は1週の労働日数が常勤労働者より少ない者。特に訪問介護員の短時間労働者については、下記のとおり定型的短時間労働者及び非定型的短時間労働者に区分した。

1) 定型的短時間労働者
1日の所定労働時間又は1週間の労働日数が常勤労働者より少ない者(短時間労働者)であって、労働日及び労働日における労働時間が定型的・固定的に定まっている者(または「短時間定型者」)

2) 非定型的短時間労働者
1日の所定労働時間又は1週間の労働日数が常勤労働者より少ない者(短時間労働者)であって、月、週、又は日の所定労働時間が、一定期間ごとに作成される勤務表により、非定型的に特定される者(登録ホームヘルパー、または「短時間非定型者」)

(3)その他の労働者

急な仕事のために臨時に雇用されて勤務している者。

5.サービス提供責任者

訪問介護事業所に配置を義務付けられた役職で、ホームヘルパーを取りまとめる重要な役割。

6.その他の用語の定義については、各報告書の「主な用語の定義」を参照されたい。

ページの先頭に戻る