ホーム > 平成16年度 事業所における介護労働実態調査結果 > 労働者の状況 > 職種別

平成16年度 事業所における介護労働実態調査結果

2.労働者の状況

(3)職種別

最も多かったのは「直接介護に当たる介護職員」で64.6%であった。次の多かったのは看護職員10.1%、サービス提供責任者が6.6%、ケアマネージャーが6.1%であった。

職種別労働者割合

ページの先頭に戻る