ホーム > 令和3年度 介護労働実態調査結果について

―令和3年度 介護労働実態調査結果について―

令和3年度「介護労働実態調査」結果の概要について(pdf)
   令和4年8月22日に新聞等マスコミ各社に情報提供を行なった時の公表資料です。

調査結果報告書



調査の概要

■ 調査実施期間:令和3年10月1日~10月31日

■ 調査対象期日:原則として令和3年10月1日現在

■ 調査方法:自計式郵送方法による

■ 調査対象

 「事業所における介護労働実態調査」は全国の介護保険サービスを実施する事業所のうちから18,000事業所を無作為抽出にて選定。

 有効調査数は17,011事業所で、有効回答は8,809事業所であり、回収率は51.8%であった。

 「介護労働者の就業実態と就業意識調査」は上記の事業所の介護にかかわる労働者3人を上限に選出し、調査の協力を依頼。

 有効対象労働者数は51,033人に対し、有効回収数は19,925人であり、回収率は39.0%であった。


≪データの活用等についてのお問い合わせは右上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。≫


ページの先頭に戻る介護労働実態調査へ戻る