ホーム > 事業内容 > その他の介護労働講習 > 介護職員初任者研修

 介護職員初任者研修

 介護職員初任者研修について      

 

 介護人材の養成体系はこれまで「訪問介護員養成研修2級課程」、「訪問介護員養成研修1級課程」、「介護職員基礎研修」の三つのコースがありましたが、平成25年度からは「介護職員初任者研修」、「実務者研修」の2コースになります。
 介護職員初任者研修は訪問介護員養成研修2級課程に替わるものとして、介護職の入り口の研修として位置づけられています。講習時間は原則130時間で訪問介護員養成研修2級課程と変わりませんが、実習が廃止される一方で、実技時間が設けられた他、認知症対応、医療・看護との連携、修了評価試験なども加わりました。
 高齢化が進展する中、介護ニーズは高度化・多様化してきていますが、こうしたニーズに対応できる知識・技術を有する介護職員を養成するための研修です。



 ・研修内容(カリキュラム等)
 ・受講科目と時間数

 



 実施している支部(所)と開催コース

 

  平成25年度 開催コース 

  平成26年度 開催コース 
                         ただ今工事中

 

その他(情報掲載)

 個人情報管理の基本方針 <プライバシーポリシー>

当センターのプライバシーポリシー

ページの先頭に戻る