ホーム > 事業内容 > 実務者研修・初任者研修

実務者研修


【実務者研修とは】
 質の高い介護サービスを提供するために、基本的な技術・知識の習得にとどまらず、医療的ケア や介護過程の展開、認知症の理解など実践的な内容の研修で、現場で役立つスキルが身につきます。
 平成28年度より、実務経験ルートで介護福祉士国家試験を受験する際の要件として、「実務者研修修了」が必須となっています。
 訪問介護事業所に必ず配置される「サービス提供責任者」になるための要件を、満たすことができます。
 現在お持ちの資格によって、受講科目の免除があります。

【介護労働安定センターの実務者研修のメリット】
 経験豊富な講師陣と、担当職員がサポートするので安心。自宅学習の質問にも丁寧に対応します。
 「医療的ケア」科目の講義は、スクーリングで実施します。「喀痰吸引」と「経管栄養」に関する知識と 技術を、直接講師からしっかりと学ぶことができます。
 一般教育訓練給付制度対象講座として指定を受けています。
✷  介護労働安定センターが実施する実務者研修の受講時間、受講科目、受講料一覧

【平成30年度開講コース】
  320時間コース (初任者研修、ホームヘルパー2級修了の方向け)
  95時間コース (ホームヘルパー1級修了の方向け)
  50時間コース (介護職員基礎研修修了の方向け)

 当センターの実務者研修は、厚生労働大臣の指定する一般教育訓練の指定講習として指定を受けております。 ただし、当指定講習として開講しているか否かについては、開催している支部・支所にお問い合わせください。
  実務者研修(320時間〔初任者研修修了者〕)の明示書
  実務者研修(320時間〔ホームヘルパー2級修了者〕)の明示書
  実務者研修(95時間)の明示書
  実務者研修(50時間)の明示書

【実務者研修に関わる参考資料】
  介護人材の養成体系の見直し
  介護福祉士取得方法の見直し

【実務者研修に関わる修了証明書の再交付】
  再交付申請(当センターで修了された方のみ)

初任者研修


【初任者研修とは】
 従来の「訪問介護員養成研修2級課程」に替わるものとして平成25年度より実施されています。 (講習時間は130時間です)
      研修内容(カリキュラム等)  受講科目と時間数
 介護職としての、入り口の研修として位置づけられています。
 訪問介護事業所でホームヘルパーとして働くためには、「初任者研修修了」が必須です。





○○○  ページの先頭に戻る