ホーム > 事業内容 > 介護職員基礎研修

職業能力開発の支援

2.介護職員基礎研修

介護職員基礎研修について

 介護サービスの質の向上を図る上で、介護職員の専門性を高めることが必要であることから、施設、在宅を問わず、介護職員として介護サービスに従事する職員の共通の研修として、平成18年度に「介護職員基礎研修」が創設されました。
 専門職として必要な知識・技術を有する介護職員養成のため、単に受講するだけでなく、理解や習得度について修了評価を行い、より確実な知識・技術を身につけることができる研修です。
 また、修了後はサービス提供責任者として勤務が可能である等、ヘルパー1級課程より上位の位置付けとなり更なる活躍が期待できます。

 ・研修内容(カリキュラム等)
 ・受講科目と時間数(免除時間数等)

 ※介護職員基礎研修のパンフレットが厚生労働省ホームページ
   に掲載されていますので、 ぜひご覧ください。
    「介護職員基礎研修について(パンフレット)【第2版】」 

実施している支部・支所と開催コース      

  平成24年度 開催コース NEW !

  平成23年度 開催コース

 

修了生の声・修了生を採用した事業主の声    NEW !

  修了生の声・事業主の声

受講者の感想など(アンケート結果)      

実績      


その他(情報掲載)

・介護の道ドキュメント
~介護職員基礎研修編~
(H21年度、山形支所で行われた、雇用保険失業給付受給者対象の介護職員基礎研修)

※ 冊子「みんなのかいご」P28~31
介護の職種と介護施設の種類


※ 冊子「みんなのかいご」P32~33
介護職員基礎研修編 冊子「みんなのかいご」 (資料提供:WECやまがた) 
※冊子「みんなの介護」をご希望の方は、山形支所までお問合せください。
 





個人情報管理の基本方針(プライバシーポリシー)

当センターのプライバシーポリシー

○○○  ページの先頭に戻る


 本研修は終了しました。