ホーム > 事業内容 > スキルアップ講習

職業能力開発の支援

スキルアップ講習


 介護職の皆様の更なるスキルアップや各種資格取得を目指し、全国で様々な講習を開催しています。  講習内容・日程・受講料等は、支部/支所情報 でご確認ください。



   実務者研修

   初任者研修

   短期専門講習

   介護支援専門員実務研修受講試験準備講習

   介護福祉士試験準備講習

   生活援助従事者研修

   入門的研修

   福祉用具専門相談員指定講習

   障害者総合支援法に関連する研修

   各種教員講習会

   喀痰吸引等研修(第一号研修・第二号研修・第三号研修)




実務者研修

【実務者研修とは】
 質の高い介護サービスを提供するために、基本的な技術・知識の習得にとどまらず、医療的ケア や介護過程の展開、認知症の理解など実践的な内容の研修で、現場で役立つスキルが身につきます。
 平成28年度より、実務経験ルートで介護福祉士国家試験を受験する際の要件として、「実務者研修修了」が必須となっています。
 訪問介護事業所に必ず配置される「サービス提供責任者」になるための要件を、満たすことができます。
 現在お持ちの資格によって、受講科目の免除があります。

【介護労働安定センターの実務者研修のメリット】
 経験豊富な講師陣と、担当職員がサポートするので安心。自宅学習の質問にも丁寧に対応します。
 「医療的ケア」科目の講義は、スクーリングで実施します。「喀痰吸引」と「経管栄養」に関する知識と 技術を、直接講師からしっかりと学ぶことができます。
 一般教育訓練給付制度対象講座として指定を受けています。
✷  介護労働安定センターが実施する実務者研修の受講時間、受講科目、受講料一覧

【平成30年度開講コース】
  320時間コース (初任者研修、ホームヘルパー2級修了の方向け)
  95時間コース (ホームヘルパー1級修了の方向け)
  50時間コース (介護職員基礎研修修了の方向け)

 当センターの実務者研修は、厚生労働大臣の指定する一般教育訓練の指定講習として指定を受けております。 ただし、当指定講習として開講しているか否かについては、開催している支部・支所にお問い合わせください。
  実務者研修(320時間〔初任者研修修了者〕)の明示書
  実務者研修(320時間〔ホームヘルパー2級修了者〕)の明示書
  実務者研修(95時間)の明示書
  実務者研修(50時間)の明示書

【実務者研修に関わる参考資料】
  介護人材の養成体系の見直し
  介護福祉士取得方法の見直し

【実務者研修に関わる修了証明書の再交付】
  再交付申請(当センターで修了された方のみ)

【研修施設概要】
  研修施設概要


ページの先頭に戻る

初任者研修

【初任者研修とは】
 従来の「訪問介護員養成研修2級課程」に替わるものとして平成25年度より実施されています。 (講習時間は130時間です)
      研修内容(カリキュラム等)  受講科目と時間数
 介護職としての、入り口の研修として位置づけられています。
 訪問介護事業所でホームヘルパーとして働くためには、「初任者研修修了」が必須です。


ページの先頭に戻る

短期専門講習

 さまざまなテーマについて専門的に学びます。

 講習テーマは、支部・支所により異なります。実施につきましては、支部/支所情報 でご確認ください。

講習の内容例
認知症ケア  高齢者虐待と身体拘束  口腔ケア  接遇マナー   介護記録の書き方  介護職のための薬の知識  看取りケア   介護保険制度  サービス提供責任者  医学の基礎  感染予防対策   緊急時の介護  コミュニケーション  ターミナルケア など
講習時間
 3~12時間(半日~2日間)程度

 ➸ これまでに実施した講習の一例をご紹介します。
  a. レクリエーションプログラムの立て方
  b. 脳の活性化から学ぶ認知症予防
  c. 認知機能評価方法と分析方法
  d. 安全な食事と高齢者の病気/楽しみながら行う口腔ケア
  e. ~ちょっと苦手からやりがいに~介護過程におけるアセスメント力を磨く
  f. 介護の専門性とは何か ~希望と創造の老人ケア~
  g. チームで取り組む虐待防止と身体拘束廃止
  h. パーキンソン病と高齢者のうつ
  i. 安全な食事と高齢者の病気/楽しみながら行う口腔ケア
  j. 介護報酬請求基礎研修/実践研修
  k. 高齢者施設のターミナルケアとグリーフケア など

ページの先頭に戻る

介護支援専門員実務研修受講試験準備講習

 介護支援専門員実務研修受講試験対策のための講習です。

 介護支援専門員としての高い資質が求められていることから、「介護保険制度」、「要介護認定等」、「居宅サービス計画」等 に関する必要な専門知識等が問われる試験です。


 2018年から受験資格が変更になりました。
 『受験資格』は、次に記載する1.もしくは2.のいずれかです。
1. 国家資格等に基づく業務経験5年(国家資格を保有し、その業務に5年間従事)
 国家資格とは、医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、 介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、栄養士、柔道整復師、 管理栄養士、精神保健福祉士
2. 相談援助業務経験5年(介護施設などで相談援助業務に5年間従事)
 相談援助業とは、生活相談員、支援相談員、相談支援専門員、主任相談支援員

 試験実施について、詳しくは『社会福祉振興・試験センター』ホームページの 各都道府県別試験担当課一覧で ご確認ください。


ページの先頭に戻る

介護福祉士試験準備講習

 介護福祉士国家試験合格に向けた試験対策講習です。

 介護福祉士は、専門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害があることにより 日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する 指導を行うことができる介護・福祉分野の国家資格です。
 介護福祉士を目指す方が、国家試験合格に必要な知識を習得します。


 『受験資格』は、3年以上介護等の業務に従事+「実務者研修」修了
 「3年以上介護等の業務に従事」とは、現に就労した「従業期間3年(1,095日)」以上、「従事日数540日」以上となり、 両方とも満たす必要があります。なお、従業期間・従事日数は試験実施年度の3月31日まで通算することができます。

 詳しくは、 『(公財)社会福祉振興・試験センター』のホームページで ご確認ください。


ページの先頭に戻る

生活援助従事者研修

 生活援助中心型のサービスに従事する方に必要な知識等が習得できます。

 都道府県によっては、入門的研修修了者、認知症介護基礎研修修了者及びホームヘルパー3級の修了者は、 カリキュラムの一部が免除される場合があります。  また、一部科目の通信学習による実施も認められている場合があります。

カリキュラム
内容 時間
〔講義〕 職務の理解 2 時間
〔講義〕 介護における尊厳の保持・自立支援 6 時間
〔講義〕 介護の基本 4 時間
〔講義〕 介護・福祉サービスの理解と医療との連携   3 時間
〔講義〕 介護におけるコミュニケーション技術 6 時間
〔講義〕 老化と認知症の理解 9 時間
〔講義〕 障害の理解 3 時間
〔講義〕 こころとからだのしくみと生活支援技術     24 時間
〔講義〕 振り返り 2 時間
 総時間数  59 時間


ページの先頭に戻る

入門的研修

 これまで介護との関わりがなかった方など、介護未経験の方が介護に 関する基本的な知識を身つけるとともに、介護の業務に携わる上で知っておくべき基本的な技術を学ぶことができます。

 都道府県によっては、当該研修の修了者は、介護職員初任者研修及び生活援助従事者研修課程の一部が免除となる場合があります。

カリキュラム
内容 時間
〔基本講座〕 介護に関する基礎知識   1.5 時間
〔基本講座〕 介護の基本  1.5 時間
〔入門講座〕 基本的な介護の方法   10 時間
〔入門講座〕 認知症の理解  4 時間
〔入門講座〕 障害の理解  2 時間
〔入門講座〕 介護における安全確保   2 時間
 総時間数  21 時間


ページの先頭に戻る

福祉用具専門相談員指定講習

 介護保険の指定を受けた福祉用具貸与・販売事業所に2名以上の配置が 義務付けられている専門職であり、他の介護保険サービスの専門職と連携しながら、高齢者の自立した生活を福祉用具で支援する相談員です。

カリキュラム
内容 時間
〔講義〕 福祉用具と福祉用具専門相談員の役割  2 時間
〔講義〕 介護保険制度等に関する基礎知識  4 時間
〔講義〕 高齢者と介護・医療に関する基礎知識  16 時間
〔講義〕 個別の福祉用具に関する知識・技術  16 時間
〔講義〕 福祉用具に係るサービスの仕組みと利用の支援に関する知識  7 時間
〔講義〕 福祉用具の利用の支援に関する総合演習  5 時間
 総時間数 50 時間
習熟度を測るための筆記の方法による『修了評価』

【平成30年度の開催状況】     
実施している支部・支所
青森


ページの先頭に戻る

障害者総合支援法に関連する研修

 障害者総合支援法に基づき、障害児・者に適切な援助やサービスの提供が できるよう、必要となる知識や技能を習得します。

 同行援護従業者養成研修〔一般課程、応用課程〕、全身性障害者移動介護従業者養成研修、行動援護従業者養成研修など。


同行援護従業者養成研修〔一般課程、応用課程〕
 「一般課程」と「応用課程」があり、「応用課程」の受講には、「一般課程」を修了していることが必要です。 また「応用課程」を修了すると『サービス提供責任者』として業務に従事することができます。

カリキュラム  『一般課程』
内容 時間
〔講義〕 視覚障害者(児)福祉サービス   1 時間
〔講義〕 同行援護の制度と従業者の業務   2 時間
〔講義〕 障害・疾病の理解①   2 時間
〔講義〕 障害者(児)の心理①   1 時間
〔講義〕 情報支援と情報提供   2 時間
〔講義・実習〕 代筆、代読の基礎知識   2 時間
〔実習〕 同行援護の基礎知識   2 時間
〔実習〕 基本技能   4 時間
〔実習〕 応用技能   4 時間
 総時間数 20 時間


カリキュラム  『応用課程』
内容 時間
〔講義〕 障害・疾病の理解②  1 時間
〔講義〕 障害者(児)の心理②  1 時間
〔実習〕 場面別基本技能  3 時間
〔実習〕 場面別応用技能  3 時間
〔実習〕 交通機関の利用  4 時間
 総時間数 12 時間


【平成30年度の開催状況】     
実施している支部・支所
山形 ・ 千葉 ・ 三重 ・ 奈良 ・ 広島
山口 ・ 徳島 ・ 香川 ・ 愛媛 ・ 高知
福岡 ・ 鹿児島 ・ 沖縄


全身性障害者ガイドヘルパー養成研修
 全身性障害者ガイドヘルパー養成研修は、全身性の障害者・児に対し、外出時における移動の介助などに必要となる 知識及び技能を習得します。
 ※都道府県に依って、カリキュラムや受講時間が異なる場合があります。

【平成30年度の開催状況】     
実施している支部・支所
香川 ・ 高知 ・ 広島 ・ 福岡


行動援護従業者養成研修
 行動援護従業者養成研修は、知的障害や精神障害により、常時介助を必要とする障害者・児に対して行動する際に 生じる危険を回避するために必要な援護等、外出時における移動中の介護サービス等を提供する知識や技能を習得します。

カリキュラム
内容 時間
〔講義〕 強度行動障害がある者の基本的理解に関する講義  2.5 時間
〔講義〕 強度行動障害に関する制度及び支援技術の基礎的な知識に関する講義  3.5 時間
〔講義〕 強度行動障害のある者へのチーム支援に関する講義  2 時間
〔講義〕 強度行動障害と生活の組み立て  2 時間
〔演習〕 基本的な情報収集と記録等の共有  1 時間
〔演習〕 行動障害がある者の固有のコミュニケーションの理解  2.5 時間
〔演習〕 行動障害の背景にある特性の理解  2.5 時間
〔演習〕 障害特性の理解とアセスメント  2.5 時間
〔演習〕 環境調整による強度行動障害者の支援  3.5 時間
〔演習〕 記録に基づく支援の評価  1 時間
〔演習〕 危機対応と虐待防止  1 時間
 総時間数 24 時間

【平成30年度の開催状況】     
実施している支部・支所
奈良


知的障害者移動支援従業者養成研修
 知的障害者が、日常生活において必要不可欠となる外出時の支援を行うために必要な知識や技能を習得します。

【平成30年度の開催状況】     
実施している支部・支所
高知


ページの先頭に戻る

各種教員講習会

医療的ケア教員講習会
 『実務者研修医療的ケアの講師』『喀痰吸引等研修の講義や演習の講師』『喀痰吸引等研修における実地研修の指導看護師』 を務めるために必要なスキルを身につけます。
(講師要件として求められるか否かは、都道府県によって異なります。)

カリキュラム
内容 時間
〔講義〕 制度の概要   1 時間
〔講義〕 医療的ケアの基礎  1 時間
〔講義〕 喀痰吸引   1 時間
〔講義〕 経管栄養  1 時間
〔演習〕   3 時間
 総時間数 7 時間

【平成30年度の開催状況】     
実施している支部・支所
北海道 ・ 秋田 ・ 福島 ・ 埼玉
千葉 ・ 山梨 ・ 愛知 ・ 三重
広島 ・ 愛媛 ・ 大分 ・ 宮崎


実務者研修教員講習会
 「実務者研修」実施機関における専任教員及び「介護課程Ⅲ」を担当する教員として必要な知識、 技能及び高い指導力を身につけ、更なるスキルアップが目指せます。

カリキュラム
内容 時間
介護教育方法   30 時間
介護過程の展開方法  15 時間
実務者研修の目的、評価方法  5 時間
 総時間数 50 時間

【平成30年度の開催状況】     
実施している支部・支所
愛知


ページの先頭に戻る

喀痰吸引等研修(第一号研修・第二号研修・第三号研修)

 「社会福祉士及び介護福祉士法」の一部改正により、 平成24年4月から、介護福祉士及び一定の研修を受けた介護職員等においては、医療や看護との連携により安全確保が図られていること等、 一定の条件の下で『たんの吸引等』の行為を実施できることになりました。
 喀痰吸引等研修は、その法改正を受け、施設や居宅において「たんの吸引」及び「経管栄養」を行える介護職員を養成するために、 新しく制度化された研修です。


 今こそ、仕事の幅を広げるチャンスです。
 研修を修了し、都道府県の認定を受けることで介護職員も「喀痰吸引(口腔内・鼻腔内・気管カニューレ内部)」、 経管栄養「胃ろうまたは腸ろう・経鼻)」を、ご利用者様に提供できるようになります。ただし、所属している事業所が、登録特定行為事業者として 都道府県知事の登録を受けている必要があります。
 『ご自身でたんをだすことができない』、『口から食事を摂ることができない』など、ご利用者様の生活を支える知識や技能を習得し、 現場から求められる介護職員を目指しませんか。

 『第一号研修・第二号研修』とは、
  不特定のご利用者様に対して、たんの吸引等を行うために必要となる知識や技能を習得します。

 『第三号研修』とは、
  個別性の高い特定のご利用者様に対して、たんの吸引等を行うために必要となる知識や技能を習得します。

カリキュラム  『第一号研修・第二号研修』
内容 時間
〔講義〕 人間と社会   1.5 時間
〔講義〕 保健医療制度とチーム医療  2 時間
〔講義〕 安全な療養生活  4 時間
〔講義〕 清潔保持と感染予防   2.5 時間
〔講義〕 健康状態の把握  3 時間
〔講義〕 高齢者および障害児・者の喀痰吸引概論  11 時間
〔講義〕 高齢者および障害児・者の喀痰吸引実施手順解説  8 時間
〔講義〕 高齢者および障害児・者の経管栄養概論  10 時間
〔講義〕 高齢者および障害児・者の経管栄養実施手順解説  8 時間
 総時間数 50 時間
筆記試験  
〔演習〕  
実地研修  

カリキュラム  『第三号研修』
内容 時間
〔講義〕 重度障害児・者等の地域生活等に関する講義     2 時間
〔講義〕 「喀痰吸引等を必要とする重度障害児・者等の障害及び 支援に関する講義」「緊急時の対応及び危険防止に関する 講義」    6 時間
〔シミュレーター演習〕 喀痰吸引等に関する演習    1 時間
 総時間数 9 時間
筆記試験 
実地研修(現場演習を含む)

【平成30年度の開催状況】
『第一号研修・第二号研修』     
実施している支部・支所
福島 ・ 群馬 ・ 埼玉 ・ 福井 ・ 千葉
山梨 ・ 長野 ・ 三重 ・ 大阪 ・ 愛媛
佐賀 ・ 大分 ・ 宮崎 ・ 徳島 ・ 鹿児島

『第二号研修』     
実施している支部・支所
宮城 ・ 東京 ・ 広島

『第一号研修・第二号研修(基本研修まで)』     
実施している支部・支所
奈良


 『特定行為の追加コース』や『科目免除コース』の実施及び詳細については、開催している支部/支所に直接ご確認ください。


『第三号研修』     
実施している支部・支所
岐阜 ・ 徳島


 当センターでは、事業所様のニーズにお応えし、 ご希望の時間・場所へ講師が出向き、喀痰吸引等研修を実施しています。日程や研修費用等については、当センターの支部/支所に直接ご相談ください。
 また、厚生労働省の人材開発支援助成金(事業所負担の訓練経費等の一部が助成される制度) が適用できるケースもございますので、併せてご相談ください。


ページの先頭に戻る