ホーム > 事業内容 > 介護労働講習 > 実務者研修 > 再発行

 実務者研修修了証明書のき損・紛失による再交付手続き

当センターで修了された方のみ対応しています。
当センター以外の方は、修了された養成施設にお問い合わせください



修了証明書を「紛失・き損」し再交付を希望される場合、まずは修了された支部(所)へご連絡ください。
※再交付手続きは、ご本人以外からの申請は原則受け付けておりません

<介護福祉士国家試験を受験される方へ>
※氏名変更は原則として行いません(戸籍抄本の提出で受験が可能なため)。
※介護福祉士国家試験再受験の際は、証明書の再度提出は必要ありません。


   実務者研修修了証明書再交付申請手続きの流れ

実務者研修修了証明書再交付申請書に記入
・HPよりダウンロード、来所にて受け取り、または郵送にて取り寄せ


本人確認ができる公的証書のコピー
・免許証、保険証、パスポート等
再交付手数料の振込を証明するもの
・銀行または郵便局の振込明細書(原本)
・再交付手数料 1枚 
2,000円(税込)
450円分の切手を貼った返信用封筒
・封筒サイズ:A4サイズ以上
・返送先住所・氏名を記入
・切手内訳:通常郵送料金140円+簡易書留料金310円=
合計450円
実務者研修修了証明書の原本(コピー不可)
※き損による再交付の場合は、き損した実務者研修修了証明書の原本の返還が必要です
  

上記 )を封筒に入れ、「簡易書留」で送付
※再交付の受付は、修了された支部(所)のみ可能

1ヶ月程度で再交付の「実務者研修修了証明書」が郵送されます。




   「実務者研修修了証明書再交付申請書」等の記載例および様式

 実務者研修修了証明書の再交付手続きに必要な「実務者研修修了証明書再交付申請書」と
 「添付書類」は次のとおりです。



    実務者研修修了証明書再交付申請書

1 HPからダウンロードする方法
 下記バナーよりダウンロードし、印刷します※記入例はこちら


2 郵送での取り寄せ方法
送付先の郵便番号、住所、氏名、電話番号、「<実務者研修修了証明書再交付申請書>請求」を明記した用紙と、返送用の92円切手を同封し、修了された(公財)介護労働安定センターの支部(所)に郵送してください。
※郵送料金は自己負担となります。
※記入例は右記参照
 



    本人確認ができる公的証明書のコピー

・免許証、保険証、パスポート等、本人を証明する公的証明書のコピーが1部必要です。


    再交付手数料の振込を証明するもの

再交付手数料が振り込まれたことを証明する銀行または郵便局の「振込明細書」の原本が必要です。

 再交付手数料 1枚 2,000円(税込) 
※振込手数料は自己負担となります。





    450円分の切手を貼った返信用封筒

A4サイズ以上の大きさの封筒に、返送先の住所、氏名を記入し、450円分の切手(通常郵便料金140円+簡易書留料金310円=合計450円)を貼ったものが必要です。



    実務者研修修了証明書の原本(コピー不可)※き損による再交付の場合

・き損による再交付の場合は、き損した実務者研修修了証明書の原本の返還が必要です。



上記 )を封筒に入れ、郵便局の窓口から「簡易書留」で、修了された支部(所)へ送付してください。




   氏名変更のための実務者研修修了証明書再交付について

修了者等の氏名変更は原則として行いません。


介護福祉士国家試験受験に際しては、旧姓での受験は条件付きで可能です(旧姓の実務者研修修了証明書+戸籍抄本の提出で受験が可能)。

ただし、変更をしないことで申請者本人に不利益になると判断された場合(受講中に結婚し、改姓をした方が、修了後に離婚して旧姓に戻る場合等)は、例外事項として取り扱うことがあります。

氏名変更のための再交付を希望される方は、申請前に修了された支部(所)までご相談ください






   実務者研修修了証明書再交付申請書(記入例)

記入すべき部分に、漏れなく、ボールペンで正確に記入してください 

 





ページの先頭に戻る