ホーム > 事業内容 > 実務者研修> 介護労働講習610

実務者研修

介護労働講習610時間(実務者研修450時間含む)コース

介護労働
講習

介護労働安定センターが実施する「介護労働講習」は、離職者を対象とした職業訓練として、質の高い介護人材の育成を目的としています。

講習内容

この講習は、実務者研修450時間に加え、実践講習、就職支援、介護現場実習等による合計610時間、105日(座学90日、実技10日、介護実習5日)の講習です。

 ※ カリキュラム内に設定された時間で通信レポート
   課題の回答及び 提出も必要です。
 ※ 講習は105日全ての出席が必要です。
    (欠席等、カリキュラムの変更はできません。)

受講対象者

介護分野への就職希望者で、かつ次の①から③全てに該当し、講習(105日)を全て受講(出席)できる方。

①雇用保険受給資格者で、開講日時点で残日数が一定以上ある方。
②介護の実務経験が1年未満の方。
③下記の無資格者とする。
  * 実務者研修修了者と同等以上の技能・資格を有し者ている方
  * 看護師、介護職員基礎研修、初任者研修
  * ヘルパー1級、2級修了者

      

受講料等

 無 料 ※ただし、テキスト代11,340円、講習保険料3,150円
           及び実習に係る健康診断料が別途必要となります

定  員

各会場40名 ※選考(作文・面接)を実施します。

実施場所
日程

全国47都道府県で実施します  ⇒ 日程表・会場

応募方法等

管轄のハローワーク窓口にご相談上、お申込みください
<注意>募集期間は、各支部で異なります。募集期間



【注意事項】
(注1) スクーリングとは、講習会場で受講する面接授業のことです。

(注2) スクーリングの日程変更はできません。必ず各会場の日程表をご確認ください。
(注3) スクーリングは、全て出席が必要であり、欠席の場合は、研修修了ができません。
(注4) 通信課題(レポート)提出が必要なコースでは所定の期日までに提出の必要があります。


■ 研修期間
平成25年10月1日~ 平成26年3月31日

ページの先頭に戻る