ホーム > 広報誌「ケアワーク」

広報誌「ケアワーク」

2015年1月号

新春特別対談

『2025年を見据えた介護の未来像』~介護保険法改正がもたらすもの~
①地域支援事業を充実させ地域包括ケアを強化
②医療と介護の連携・地域ケア会議でも県や市町村の役割は大きい
③介護人材の裾野を広げるとともに魅力ある職場づくりを
④永遠に求められる在宅の限界点を高める努力
⑤魅力的な成長産業で働くことを誇りに思って
社会保障審議会介護保険部 会長 山崎 泰彦 氏
日本介護支援専門員協会 会長 鷲見 よしみ 氏

介護を語る

『介護・福祉の方と協働して高齢者等の暮らしを支えたい』-司法ソーシャルワークの取り組み-
・福祉関係者と連携して取り組む司法ソーシャルワーク
・福祉関係者と力を合わせることで解決の糸口を見つける
・介護現場のみなさんと協働して司法ソーシャルワークの制度化へ
法テラス東京法律事務所 社会福祉・弁護士 太田 晃弘 氏

認知症の方の想いを探る【第51回】

『相手に不快感を与える伝え方になっていませんか? 自分の話し方を見直そう!』
・研修を受けたら偉くなる?
・福祉業界はそんなに嫌ですか?
・何気ない一言が実践者のやる気を削ぐ可能性
・他の分野の経験は福祉の仕事には重要
・話すときに気をつけてみよう
東京都健康長寿医療センター研究員 伊東 美緒 氏

ケアする人の心を守るために(実践編) 【第3回】

『自分も相手も大切にするコミュニケーション』
・職場の「人間関係」
・苦手は自分がつくりだしている!?
・コミュニケーション上手
・相手から望ましい反応を引き出さす
・コミュニケーション上手になるためには
ビヨンドザボーダー株式会社 代表取締役 社会福祉士・精神保健福祉士 安藤 亘 氏

労働法規を味方につけよう【第15回】

『介護事業所の労災保険の実務とポイント』-いざというとき、従業員と会社を守るために-
・労災保険の大切な役割
・労災保険の手続きをしなかったら
・複数事業所がある場合は要注意
・労災保険が適用されるのは労働者だけ
社会保険労務士東京経営管理事務所代表 特定社会保険労務士 能登 伸一 氏

情報提供

『平成25年度 介護労働実態調査結果から』
特別調査「介護事業所における採用・定着管理に関する実態調査・研究」を抜粋して掲載しました。

情報提供

『新しい介護食品の愛称は「スマイルケア食」に』
「介護食品」を高齢者のみならず、食機能や栄養に問題がある方々に幅広く利用してもらうための取組です。

読者のひろば

☆賛助会員さん登場 【東京都】 株式会社 ホームケア井上
「地域に密着した、きめ細かいサービスの提供。笑顔を絶やさず、常に感謝の心をもって支援・対応します。」を理念に、地元の皆様に身近に感じていただくと共に、お役にたてる会社でありたいと願っております。
☆支部・支所通信 【富山支所発】 現場で役立つ!ケアサポート講習開催
看護・介護職員を対象に、仕事以外での接点を設けてかかわりあうためのグループワークを行いました。自分を知り・相手を知り・お互いを理解する姿勢などについて学びました。

ケア・クッキング講座

【今月の逸品】良質のたんぱく質等を補給して冬を乗り越える「大鉢盛り茶碗蒸し」
食のミニ百科「上手なたんぱく質摂取で介護予防をしましょう」
相模女子大学短期大学部食物栄養学科 准教授  井上 典代 氏

2014年12月号

特集

『高齢者が最後まで自力で吸収できるように』~嚥下の仕組みを知り、誤嚥性肺炎を防ぎましょう~
①嚥下の仕組みを理解する
②嚥下障害の有無を確認し注意深く対応
③誤嚥を防ぐためのケアのポイント
④最後まで自力で呼吸することを目指して
千葉労災病院リハビリテーション科 言語聴覚士 安田 清 氏

認知症の方の想いを探る【第50回】

『日々のケアが利用者にとって嫌な経験の連続になっていませんか?』
・食べたいときにたべさせてもらえない
・うちでは無理です
・最後を見据えて、今何ができるかを考える
・ルールを変えるにはある程度の力が必要
東京都健康長寿医療センター研究員 伊東 美緒 氏

ケアする人の心を守るために(実践編) 【第2回】

『ネガティブな思考を変えて気楽に生きたい』
・ストレスをため込みやすい考え方の癖
・全か無かを思考(all or nothing thinking)
・レッテル貼り(labeling and mislabeling)
・マイナス思考(negative thinking)
・悪習慣に気づき、断ち切る!
・ピンチはチャンス!
ビヨンドザボーダー株式会社 代表取締役 社会福祉士・精神保健福祉士 安藤 亘 氏

労働法規を味方につけよう【第14回】

『事業縮小・廃止のときに知っておきたいこと』-いざというとき、従業員の雇用と生活にどう向かうか-
・事業の縮小、廃止のとき
・整理雇用の4要件
・過去の判例から学ぶ
・希望退職募集をする際の退職優遇措置
・最後に
社会保険労務士東京経営管理事務所代表 特定社会保険労務士 能登 伸一 氏

情報提供1

『平成25年度 介護労働実態調査結果から』
今月は「介護労働者の就業実態と集合意識調査」の結果について、ポイントを抜粋して掲載します。

情報提供2

『平成26年度も介護労働懇談会を全国で実施』-魅力ある職場づくりを目指して-
各地で開かれた懇談会の中で「特徴のある取組み」や「主要なテーマについての議論の概要」を紹介します。

読者のひろば

☆賛助会員さん登場 【千葉県】 株式会社 トータルケアセンター
「サービスを断らない」「どんな方へもサービスを平等にする」を全社員の共通認識とし、日々の業務に邁進してまいります。
☆支部・支所通信 【石川支部発】 石川支部の講師自慢!
看護師として、医療的ケアを担当していただいている高橋美奈子先生(RIRE(リール)代表)を紹介します。

ケア・クッキング講座

【今月の逸品】よく煮込んだ肉と野菜のうまみが冷えた体を温める
食のミニ百科「寒い夜には、よく煮込んだ温かいポトフで家族だんらん」
相模女子大学短期大学部食物栄養学科 准教授  井上 典代 氏

2014年11月号

特集

『地域包括ケアシステム構築に向けた介護保険法改正』
~サービスの重点化・効率化で制度の持続可能性を高める~
①平成26年の介護保険法改正に向けた動きをとらえる
②地域支援事業を充実させて地域活性化の契機に
③介護人材確保・定着のためにも魅力ある職場づくりを
社会保障審議会介護保険部会長 山崎 泰彦 氏 

介護を語る

『利用者に「人生の最後を飾る最高のステージ」を提供するために』
-自由な発想で感動を与えるサービスを提供するスタッフを育てる-
・最高の特養を目指してトリプルAのサービスを
・特養の概念を変えるデザイン性ハードだけでなくソフトにもこだわり
・独自の教育研修と人事考課でスタッフの質を高める
社会福祉法人 天佑 理事長 三浦 祐一 氏

認知症の方の想いを探る【第49回】

『観察すること・気づくこととケアの改善』
・普段のケアで何に着目しているか
・観察力と気づく力がケアを変える
・どうやって気づくか?
・現状を変えたい職員が先に取り組む
東京都健康長寿医療センター研究員 伊東 美緒 氏

ケアする人の心を守るために(実践編) 【第1回】

『心のもやもや・イライラすっきりさせたい』
・ケアする人は特別なケアが必要!?
・“話す”ことによる浄化作用
・自分で自分をほめたい
・ケアする人の特徴って?~「長所」の行きすぎは「短所」に~
・感情のコントロール法
ビヨンドザボーダー株式会社 代表取締役 社会福祉士・精神保健福祉士 安藤 亘 氏

労働法規を味方につけよう【第13回】

『最低賃金額を下回っていませんか?』-最低賃金額の改訂に伴い、賃金支払額のチェックをしよう-
・最低賃金の改定
・もし最低賃金額を下回っていると・・・・・
・介護事業所で陥りやすい違反項目
・日、月給の最低賃金のチェック法
社会保険労務士東京経営管理事務所代表 特定社会保険労務士 能登 伸一 氏

情報提供

『平成25年度 介護労働実態調査結果から』
平成25年度に実施した「事業所における介護労働実態調査」、「介護労働者の就業実態と就業意識調査」の結果を取りまとめまし。調査結果のポイントを2回にわたり、抜粋して紹介します。

読者の広場

☆賛助会員さん登場 【群馬県】 NPO法人じゃんけんぽん
「子供も大人も認知症の高齢者も、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせるコミュニティづくり」、「親子の絆を再確認し、子供げ豊かな心を持ち、たくましく生きるための自然体験教室の実践」を保人理念に運営しております。
☆支部・支所通信 【山梨支部発】 わが支部講師自慢
労務関係の講師としてご活躍いただいている特定社会保険労務士の阪口憲弘先生をご紹介いたします。

ケア・クッキング講座

【今月の逸品】辛みを使わず、食べやすく「小松菜ともやしのナムル」
食のミニ百科「嚥下しづらい食品も工夫次第で安心、安全」
相模女子大学短期大学部食物栄養学科 准教授 井上 典代 氏

2014年10月号

特集

『登録ヘルパー育成のためのサービス提供責任者の役割』 
~ヘルパーの仕事意識を高め、ケアの質を向上させる~
①研修で“自立支援の仕事”としっかり伝える
②ヘルパーさんの安心感を一番に考える
③愚痴を仕事目線に変えるコーチング
④ヘルパーさんの気づきをケアマネジャーに伝える
⑤大きな事故をおこさないためミスの情報を共有する
社会福祉法人 八広会 ヘルパーステーション和翔苑 所長 小谷 庸夫 氏

介護を語る

障害のある方ご本人の意志に寄り添って支援しましょう
-障碍者権利条約の理念に沿って地域社会再生を-
・日本は国内法令を整備したうえで障害者権利条約を締結
・エンパワメントの発想で意思決定を支援する
・ご本人の意志に寄り添う支援が地域社会の再生につながる
東洋英和女学院大学大学院 人間科学研究科 教授 石渡 和実 氏

認知症の方の想いを探る【第48回】

『集団ケアが生み出す抗いがたいパワー』
・スピードを極めたおむつ交換
・スピードが求められた背景
・他者を批判的に評価する姿勢をとっていませんか?
・スピードを緩めるのは大変?
東京都健康長寿医療センター研究員 伊東 美緒 氏

スッキリ安心!弁護士さんに聞いてみよう【最終回】

『事故の案件はどのように解決すべき?』
・最後は「お金」の問題になる
・施設長が賠償の交渉までしなければならないの?
・示談交渉フローチャート
介護・福祉系法律事務所 おかげさま代表 外岡 潤 氏

労働法規を味方につけよう【第12回】

『個人情報の取扱いルールの整備に取り組もう!』-個人情報の流出から事業所を守るために-
・個人情報とは
・個人情報の流出によるリスク
・個人情報の流出防止のための対策
社会保険労務士東京経営管理事務所代表 特定社会保険労務士 能登 伸一 氏

ケアトピックス

『介護人材の確保と介護福祉士資格取得方法の検討状況』
・高齢化に伴うニーズ拡大により介護人材の確保は喫緊の課題
・介護福祉士の資格取得方法はさらなる見直しを提案

読者のひろば

☆賛助会員さん登場 【茨城支部】介護付有料老人ホームローズヴィラ水戸
『凛として生きたい。そう願う皆様に敬意をもって快適な暮らしを提供させていただきます。』を経営理念として、穏やかな暮らしを提供しております。
☆支部・支所通信 【京都支部発】 介護事業所から一般事業所まで「ケアサポート講習」拡大中
ニーズに応じ「リーダー」「サービス提供責任者のスキルアップ」研修や、現場で役立つテーマについて、長期から単発の企画まで柔軟な対応を行っております。今年度からは一般企業の役職員の方を対象に「仕事と介護の両立」をサポートする取り組みも開始しました。

ケア・クッキング講座

【今月の逸品】はまちに含まれる不飽和脂肪酸で生活習慣病を予防「はまちの漬け丼」
食のミニ百科「美味しい」「栄養価が高い」「安価」の3拍子そろった旬の食材を取り入れましょう。
相模女子大学短期大学部食物栄養学科 准教授  井上 典代 氏

2014年9月号

特集

『職場のメンタルヘルス対策を考えましょう』 ~職員のストレスケアで元気な職場づくり~
①メンタルヘルス対策は現場の活性化につながる
②コミュニケーション能力を高めるために
③ストレルケアを実践してみましょう
④定期的なストレスチェックを重ね早めのストレスケアにつなげる
株式会社 ヒューマンリソースマネージメント 代表取締役社長 結城 啓太 氏

介護を語る

『介護のプロとして元気に誇りをもって働くために』 
-簡単にあきらめない姿勢と“やりがい”を実感できる組織づくり-
・簡単にあきらめず元気に誇りをもって働くためには
・職場の環境づくりによって職員は“やりがい”を実感
日本女子大学人間社会学部社会福祉学科教授 久田 則夫 氏

認知症の方の想いを探る【第47回】

『認知症の人が見ている世界を意識する』
・寝たままの状態で見えるもの
・「大丈夫ですよ」と言うけれど高齢者にとっては大丈夫でない状況
・見ることと眺めること
・認知機能が低下したときの見え方を想像する
東京都健康長寿医療センター研究員 伊東 美緒 氏

スッキリ安心!弁護士さんに聞いてみよう【第4回】

『いざ事故が起きた後にすべきことは?』
施設で初めての転倒・骨折事故。ご家族とどう向き合えば・・・・
介護・福祉系法律事務所 おかげさま代表 外岡 潤 氏

労働法規を味方につけよう【第11回】

『働くお母さんを支えられる事業所にしよう!』-出産・子育てしながら安心して働き続ける環境づくり-
必ず知っておきたい出産。育児に関する各種制度
社会保険労務士東京経営管理事務所代表 特定社会保険労務士 能登 伸一 氏

ケアトピックス

『平成27年度からの新しい地域支援事業とは』③
・機能改善だけでなく参加を促し地域づくりに
・生活支援サービスの充実と高齢者の社会参加

読者のひろば

☆賛助会員さん登場 【山形支所】社会福祉法人 長井弘徳会 リバーヒル長井
「施設介護」、「在宅介護」、「介護予防」のトータルケアを実施することにより、ご利用者やご家族の皆様のニーズに合わせたきめ細かいサービスを提供させて頂いております。
☆支部・支所通信 【兵庫支所発】 災害時への対応を考える~阪神淡路大震災からの教訓を学ぶ~
今年度の事業者支援セミナーのテーマは「リスクマネジメント」・「災害対策」です。
大きな災害が起きた時、介護事業所に求められる対応や、災害時への備え・リスクマネジメントなどについて、阪神淡路大震災を経験した施設の取り組みを紹介しながら講習をいたしました。

ケア・クッキング講座

【今月の逸品】たんぱく質を上手く摂って体力・免疫力をつけましょう「イタリアンカジキ」
食のミニ百科「たんぱく質を摂取して高齢者のQOLアップにつなげましょう」
相模女子大学短期大学部食物栄養学科 准教授  井上 典代 氏

2014年8月号

特集

『多職種協働で最後まで本人と家族を支える』~満足のいく最後を迎えられるように~
①これからは高齢者のみ世帯の最後を在宅で支える時代
②家庭医機能の充実と多職種連携が地域住民の安心につながる
③カンファレンス会議等により多職種協働を推進
④家族が安心できる環境をつくり患者の生活を支える
⑤満足のいく最後を迎えられるように看取りに直面する家族を支える
医療法人社団つくしんぼ会 理事長 鈩 裕和 氏

介護をかたる

“食”を通じてコミュニティをつなぐ取り組み-いくつになっても地域の担い手として活動し続ける-
・担い手としての生きがいを感じ、“食”を通じてコミュニティをつなぐ
・循環型地域福祉活動を継続
・サービス開始団体が孤立しないように協力していきたい
老人給食協力会ふきのとう 代表 平野 覚治 氏

認知症の方の想いを探る【第46回】

『認知症の症状に合わせ、常識的な内容にこだわらずに考えてみうよう』
・歩いてもらったほうが落ち着くという信念
・大きなことを試してみた後の変化とは?
・さらに認知症症状が進行しても
東京都健康長寿医療センター研究員 伊東 美緒 氏 

スッキリ安心!弁護士さんに聞いてみよう【第4回】

『契約書の説明、どうすれば』
前号の説明を踏まえ利用者に対する利用(入所)契約時の損害賠償条項の仕方を伝授します。
・リスクを伝えつつ前向きな姿勢を
介護・福祉系法律事務所 おかげさま代表 外岡 潤 氏

労働法規を味方につけよう【第10回】

『社会保険・雇用保険の手続き漏れが、思わぬトラブルに!』
・加入要件は従業員ごとに判断
・従業員が加入を嫌がるとき
・シフトによって毎月の勤務時間がバラバラ
・未加入を放置すると思わぬトラブルに・・・
社会保険労務士東京経営管理事務所代表 特定社会保険労務士 能登 伸一 氏  

ケアトピックス

『平成27年度からの新しい地域支援事業とは』②
・予防給付を見直し新しい地域支援事業に
 ①新しい介護予防・日常生活支援総合事業
 ②包括的支援事業
 ③任意事業

読者のひろば

☆賛助会員さん登場 【秋田支部】有限会社 太平洋プロジェクト
保育園・学童クラブが中心の児童福祉と各種福祉事業の高齢者福祉をワントップで行える総合施設として、地域に貢献するためにさまざまな事業に取り組んでおります。
☆支部・支所通信 【奈良支所発】 わが支所講師自慢
特定社会保険労務士 森村和枝先生です。労務管理、経営理念やビジョン作成、人事制度の導入、介護職員初任者研修テキストとしての心構えなど、幅広いテーマでご指導いただいております。

ケア・クッキング講座

【今月の逸品】食欲が落ちるこの時期に、油を利用してエネルギー補給「揚げなすの香味しょう油」
食のミニ百科「油を上手に利用して、低栄養と生活習慣病を予防しましょう。」
相模女子大学短期大学部食物栄養学科 准教授  井上 典代 氏

2014年7月号

特集

『法人内研修を充実させて職員確保・定着率アップにつなげる』
~コミュニケーション能力を上げて、職場の良好な人間関係を~
①自ら気づき、仕事を楽しむために研修やOJTを充実させる
②研修やOJTの仕組みが人材確保・定着に大きく寄与
③さまざまな取り組みで職場環境を整える
社会福祉法人 若竹大寿会 横浜市六角橋地域ケアプラザ所長 山岡 悦子氏

介護を語る

『介護行為の基本を押さえ、介護の質を高めていきたい』
-身体のメカニズムや生活行為の流れを理解した介護を-
・基本をしっかり押さえ丁寧な介護行為を
・障害や生活上の困難な部分を見極めて適切な支援を
・基本の重要性などを学生に伝えていく
目白大学短期大学部 生活科学科 准教授 青柳 佳子 氏

認知症の方の想いを探る【第45回】

『他人の責任にせず、自分のケアを振り返る』
・なんでもかんでも人のせい
・看護職と介護職の対立
・陰では言うけれど公では言わない
・自分の考えを言葉にする必要性
東京都健康長寿医療センター研究員 伊東 美緒 氏    

スッキリ安心!弁護士さんに聞いてみよう【第3回】

『「損害賠償」責任が認められる枠組みとは』
現場の職員、ケアマネジャにも事故責任!?
特別養護老人ホーム内に勤務するケアマネジャーです。
担当職員が利用者をベットから車いすへの移乗介助中に転倒・骨折してしまった。
・現場職員も「不法行為責任」を追及されるおそれ有り
・ケアマネジャーも例外ではない!
・萎縮してしまっては本末転倒
介護・福祉系法律事務所 おかげさま代表 外岡 潤 氏

労働法規を味方につけよう【第9回】

『有期労働契約から無期労働契約への転換制度と対策』-改正労働契約法の正しい理解のために-
・無期労働契約ほの転換制度とは
・今からできる対策とポイント 
社会保険労務士東京経営管理事務所代表 特定社会保険労務士 能登 伸一 氏  

ケアトピックス

『平成27年度からの新しい地域支援事業とは』①
・介護保険制度を取り巻く状況の変化に対応」するために
・予防給付の見直しと地域支援事業の充実
 

読者のひろば

☆賛助会員さん登場 【佐賀県】 有限会社ヒューム
「一緒に助け合って自立を目指す」を掛け声に、利用者様同士、ご家族や地域の方々との交流を大切にしております。
☆支部・支所通信 【愛媛支部発】 好評だった「事業支援セミナー」のご紹介
  社団法人日本介護協会理事長左敬真氏を講師にお招きし、第1部:離職率7割からのV回復、第2部:介護甲子園に至るその思いをテーマに講演していただきました。

ケア・クッキング講座

【今月の逸品】食欲が減退する暑い時期は、デザートで栄養補給「クリームチーズムース」
食のミニ百科「デザートや間食を楽しみ、栄養素の補給をしましょう」
相模女子大学短期大学部食物栄養学科 准教授 井上 典代 氏

2014年6月号

特集

『自立支援のための相談援助業務』~家族介護者の生活も考慮して、支援計画を立てましょう~
①相談援助職として信頼関係を構築するには
②家族の状況も分析することがよりよい利用者支援につながる
③利用者の「生活を守る」視点から必要な知識を身につけましょう
④真に自立を支援するための過去の情報をもとに未来を予測する
⑤サービス担当者会議を通じて家族に納得感をもってもらう
東京海上日動ベターライフサービス株式会社 営業部 シニアケアマネジャー 石山 麗子 氏

介護を語る

『介護と保育を融合させた世代間交流』-子どもを産んでも働き続けられる職場づくり-
・世代間交流をすることのメリットはさまざま
・事業所内保育所を開設して出産等による離職リスクを減らす
・採用段階で運営方針を説明し、価値観の合うスタッフを採用
株式会社 global bridge(グローバルブリッジ) 代表取締役 貞松 成 氏

認知症の方の想いを探る【第44回】

『家族同席で情報収集をしするとき、家族ばかり話しかけていませんか?』
今、認知症の人とその配偶者を対象として、回想法を用いた“カップルライフストーリプロジェクト”という研究を行っています。4回のセッションで①出会いと結婚、②仕事・子育て、③これからのことの4段階にわけて、その頃の写真を見ながら夫婦で語っていただいています。
・じっくり時間をかけられない現状
・事実を知るために家族の情報に頼りがち
東京都健康長寿医療センター研究員 伊東 美緒 氏

スッキリ安心!弁護士さんに聞いてみよう【第2回】

『「クレーマー家族」との付き合い方(後編)』角を立てず、無理難題を上手に受け流すには?
・本当の欲求(ニーズ)を汲み取ろうとする
・相手に安易にレッテルを貼らない
・真摯に向き合う
介護・福祉系法律事務所 おかげさま代表 外岡 潤 氏

労働法規を味方につけよう【第8回】

『介護事業者のための助成金を有効活用しよう』
雇用保険の助成金とは
●中小企業労働環境向上助成金(一部紹介)
・制度内容
・支給される金額 
・助成金が申請できる事業主の要件 
・助成金制度の活用ポイント
社会保険労務士東京経営管理事務所代表 特定社会保険労務士 能登 伸一 氏  

ケアトピックス

『国会で審議中の介護保険法等改正の概要』
①一定以上の所得のある利用者の自己負担の引き上げ
②補足給付の支給に資産等を勘案
③地域密着型通所介護の創設

読者のひろば

☆賛助会員さん登場 【岩手県】 流通商事 株式会社 介護事業部
グループホームゆうゆう北沢は「顧客満足の追求」を理念に職員一丸となって12年がすぎました。利用者様からは、ケアのあり方、さまざまな課題を解決していくことの大切さを教えていただきました。
☆支部・支所通信 【宮崎支部発】 講師自慢
短期専門コースで好評の福祉レクレーションを担当していただいている宮崎市社会福祉協議会の又木浩二先生を紹介します。

ケア・クッキング講座

【今月の逸品】食中毒を予防して安全・安心できる食事を「中華風炒り卵」
食のミニ百科「食中毒予防の3原則は、菌を「つけない」「増やさない」「殺す」
相模女子大学短期大学部食物栄養学科 准教授 井上 典代 氏

2014年5月号

特集

『被災したも業務サービスを継続できるように少しずつ対策を検討しましょう』
~災害に備え、業務を洗い出し、体制を整える~
①災害時の影響に応じた対策と体制を考える
②話し合いや改善の土台として業務継続計画を作成
③優先順位を意識して被災時の役割を果たす
株式会社 インターリスク総研 コンサルティング第一部 ERMグループ上席コンサルタント 松岡 伸輔 氏

介護を語る

『なじみの地域で最後まで支えるチームケア』
-一人ひとりがより良い選択ができるよう最後まで寄り添う-
・利用者本人が望むならなじみの地域で最後まで支援
・「生きていてよかった」と思えるようチームで寄り添う
・看取ったあとは「振り返りの会」で利用者への想いを表出
特定非営利活動法人 訪問看護ステーションコスモス 訪問看護師 平野 智子 氏

認知症の方の想いを探る【第43回】 

『介護の職場で“自分が楽になるために”、“お互いに楽になるてめに”考えるべきこと』
・利用者からは職員の動きが一目瞭然!
・仕事を少しでも楽にするために・・・・・
・職員の関係を保つための工夫
東京都健康長寿医療センター研究員 伊東 美緒 氏

すっきり安心! 弁護士さんに聞いてみよう【第1回】

『」クレーマー家族」との付き合い方』利用者家族の「権利意識」の高まり、エスカレートする要求にうんざり・・・
・たたかう?逃げる?降伏する?
・心の疲労は、目に見えない
・「権利」は「権理」~あなたは間違っていなし~

労働法規を味方につけよう【第7回】

『いい事業所・悪い事業所 従業員とのトラブルの背景にあるものとは』
・いい授業所・悪い事業所
・介護保険と労働法規
・できるところから取り組む
社会保険労務士東京経営管理事務所代表 特定社会保険労務士 能登 伸一 氏

ケアトピックス

『国会で審議中の介護保険法等の改正の概要』
・地域包括ケアシステムの構築と費用負担の公平化をめざす
①介護福祉士の資格取得方法の見直しの期日の変更
②特別養護老人ホームの昨日重点化
③低所得者の保険料軽減の強化
④サービス付き高齢者向け住宅への住所地特例の適用

読者のひろば

☆賛助会員さん登場 【青森県】 社会福祉法人 桐栄会 常盤事務所
「和願愛語」をモットーに、いつも笑顔に溢れ、明るく爽やかなサービスの提供を目指して毎日取り組んでおります。
☆支部・支所通信 【沖縄支部発】 講師自慢
沖縄支部でご活躍されている長田七三子先生を紹介します。

ケア・クッキング

【今月の逸品】旬のあさりでミネラル分豊富なスープを「あさりのクラムチャウダー」
食のミニ百科「90°C以上で90秒以上加熱して、二枚貝を安全にたべましょう」
相模女子大学短期大学部食物栄養学科 准教授 井上 典代 氏

2014年4月号

特集

『精神疾患や障害のある方の接し方・関わり方のポイント』
~ご利用者(ご家族)への支援と、支援者としてのセルフケア~
①精神疾患を発生原因から捉えて対応
②普段との違いに気づいたらさりげなく声かけを
③その人の今を認めた上で支援するためのポイント
④普段との違いに気づいたらさりげなく声かけを
⑤その人の今を認めた上で支援するためのポイント
⑥共感・傾聴しながら相手への理解を深める
⑦疾患名にとらわれす生活者としてその方と関わる
ビヨンドザボーダー株式会社 代表取締役 安藤 亘 氏

介護を語る

『介護ロボットを普及・推進していきたい』-介護人材不足を補い、産業を育成するために-
・介護ロボット普及推進事業でロボット産業育成を支援
・介護ロボットが普及するためにクリアすべき課題とは
公益財団法人 かながわ福祉サービス振興会 人材育成グループリーダー 
介護ロボット推進課長 関口 史郎 氏

認知症の方の想いを探る【第42回】

『世界に誇る、日本の“もったいない精神”を認知症ケアに活かす』
・「たくさんあるから大丈夫!」という説明を振り返る
・“もったいない”という気持ちを大切にする排泄ケア
東京都健康長寿医療センター研究員 伊東 美緒 氏

現場の悩みをミーティングで解決!~3人寄れば もんじゅの智恵~  【最終回】

『異性の上司との関係を噂されたら・・・?』②
職場で管理者Bさんとのあらぬ噂を立てられ休職したAさん。休職してから暫く布団からも出られない状況に追い詰められたAさんあでしたが、実家の祖母と話をすることで徐々にうつ病が改善に向かい、今ではBさんに直接お礼を言いたい。という気持ちにまで回復しました。
NPO法人もんじゅ 代表 飯塚 裕久 氏

労働法規を味方につけよう【第6回】

『訪問介護事業所のお悩み解決シリ-ズ⑥』
Q.「今日突然、労働基準監督署から調査通知がきました。いったい何を調べられるのでしょうか・・・」
Q.調査当日までの事前準備と注意すべきポイントを教えてください。
社会保険労務士東京経営管理事務所代表 特定社会保険労務士 能登 伸一 氏

日本の介護・医療を考えよう!【最終回】

『これからの介護士のゆくえを考える!』
・介護士の処遇改善策は不透明
・この先100万人の介護人材の確保は不可能?
・名称独占的な資格の意味
・准看護師は業務独占
・介護士と准看護師の統合化
淑徳大学准教授 結城 康博 氏

情報提供

『雇用管理好事例』
「全国の介護事業所が取り組んだ雇用管理改善の事例」を紹介しております。詳細は介護労働安定センターのホームページをご覧ください。

読者のひろば

☆賛助会員さん登場 【北海道】 有限会社 フレンズ新川
家庭的な雰囲気を第一とし、人間主義・一期一会・心の三点を理念として、運営をしております。
☆支部・支所通信 【岡山支部発】 講師自慢
岡山支部の講師として活動されている西谷達也先生をご紹介います。

ケア・クッキング講座

【今月の逸品】魚介を入れて彩りよく「簡単パエリア」
食のミニ百科「米の食文化について」
相模女子大学短期大学部食物栄養学科 准教授 井上 典代 氏

2014年3月号

特集

『薬を安全に扱うための基礎知識を知っておきましょう』~介護職のための薬の知識概要~
①適切な服薬介助や正しい薬の管理が高齢者の安全とQOL向上に影響
②薬の用量と用法とは
③適切な薬の保管方法とは
④薬の副作用と対策
株式会社 友愛メディカル 代表取締役会長 尾崎 秀子 氏
株式会社 友愛メディカル 常務取締役    玉井 典子 氏

介護を語る

『“介護”の手法を活用して人材を育成』-“イマドキの若者”と括らず、やる気を引き出す-
・教える側が{基本から教える」と腹をくくる必要がある
・“介護”の仕事と同じ考え方で自信を持って“人材育成”を
・上司・同僚・部下ともに“ニーズを持った客”と考える
株式会社 ソラスト 福祉事業本部 企画推進課 課長 柴垣 竹生 氏

認知症の方の想いを探る【第41回】

『食事中にむせることが続いたとき、どう対応していますか?』
・食べることについて考える
・気持ちが嘔吐反射を引き起こす
・誤嚥が疑われるとトロミ!?
・トロミ濃度は徐々に高くなる傾向
・職員同士で試してみましょう!
・美味しく食べてもらうための工夫
東京都健康長寿医療センター研究員 伊東 美緒 氏

現場の悩みをミーティングで解決!~3人寄れば もんじゅの智恵~  【第20回】

『異性の上司との関係を噂されたら・・・?』①
【相談概要】介護職員Aさん(20代女性)で。未経験で入社し、新人教育を終えて半年が経過しまいた。デイサービス事業所に入社したAさん。上司であり管理者であるBさん(30代既婚男性)から指導を受けていましたが、ベテランスタッフがAさんとBさんの噂話をしているのが耳に入り休職をしてしまいました。今は職場復帰をすべきかどう葛藤しているところです。
NPO法人もんじゅ 代表 飯塚 裕久 氏

介護現場を元気にする改善術  ねこの手かします 【最終回】

『介護のプロとして求められる資質とモチベーションの高め方』
Q.「介護のプロ」とは、どのような人材人材でどのようなスキルが求められるのでしょうか。
Q.介護事業は「サービス業」になるのでしょうか。
Q.仕事に対してとても熱心で前向きだった職員が、最近沈みがちでやる気も無くしているようです。
Q.職員の「介護職」としての自覚や意識、モチベーションを上げたいのですが。
Q.転職回数も多く、「自分はこの職場にはずっと居るつもりはない」「いつ辞めてもいい」ち、辞めることを匂わす職員がいて、他の職員の士気が下がってしまいます。
株式会社 ねこの手 代表取締役 伊藤 亜記 氏

日本の介護・医療を考えよう!【第57回】

『どうかわる改正介護保険法!』特別養護老人ホームは?
1.入所申込み要件の変更について
2.要介護1.2.の条件とは?
3.補足給付の見通しは評価できる
4.残された課題
淑徳大学准教授 結城 康博 氏

情報提供

『平成26年度介護報酬改定の概要について』
介護保険サービスに関する所費税率8%への引き上げ時の対応
平成26年1月15日に開催された社会保障審議会介護給付分科会で厚生労働大臣から社会保障審議会会長あてに、介護報酬改定についての諮問が行われ、即日了承されました、介護報酬改定の概要をお知らせします。
Ⅰ改訂率について
Ⅱ介護報酬における対応について
Ⅲ基準費用額、特定入所者介護サービス費(居住費・食費関係)区分支給限度基準額

読者のひろば

☆賛助会員さん登場 【広島県】 社会福祉法人 ちとせ会 かがやきデイサービス
「あなたの生活力の維持・向上をめざして」
利用者の皆様の真のニーズを見極め、出来る喜びや楽しみをとおして在宅生活の意欲向上につながるように努めています。
☆支部・支所通信 【島根支部発】 「適切なケアは記録から!!」
田形隆尚先生の「介護記録の書き方」は毎回好評を得ています。終了後受講生の方々の満面の笑みが、研修を企画する私達の励みとなっています。

ケア・クッキング講座

【今月の逸品】ごまと芋・野菜の組み合わせでバランスよく「じゃが芋団子」
食のミニ百科「ごまのパワーで健康を維持しましょう」
東京栄養食糧専門学校 教員 井上 典代 氏

2014年2月号

特集

『第19回介護労働シンポジウム』
介護労働を魅力あるものに~将来展望を持って働き続けられる職場づくり~
平成25年11月14日に介護労働安定センターの主催いで開催されました。今月号では、パネルディスカッションの模様を紹介します。
基調講演:介護職員の医行為と質の向上(要旨)
株式会社 服部メディカル研究所 代表取締役 服部 万里子 氏
パネルディスカッション:北浦正行氏(コーディネーター)、飯塚裕久氏(パネリスト)
              沖藤典子氏(パネリスト)、光山誠氏(パネリスト)

介護を語る

『若年認知症の方の社会参加を支援する』-素直な気持ちで向き合い、能力発揮につなげましょう-
・自分自身への違和感が大きい若年認知症
・就労型活動・地域貢献活動の拠点としてジョイントを設立
・素直な気持ちで本人に向き合いましょう
若年認知症社会参加支援センター ジョイント所長 比留間 ちづ子 氏

認知症の方の想いを探る【第40回】

『個室のメリット・デメリット』
・進む個室化とアルツハイマー病の不安
・部屋にいたがらに方への対応
・常識にとらわれない対応を試すことの重要性
東京都健康長寿医療センター研究員 伊東 美緒 氏

現場の悩みをミーティングで解決!~3人寄れば もんじゅの智恵~  【第19回】

『仕事の洗い出しを行い、誰でもできる仕事は手分けする』
相談概要:今回の相談者は看護師、50第女性Aさん。若いころから病棟で看護師として勤務し、その後、訪問看護師として経験を積み、現在は訪問看護師長、通所看護管理者を勤務しています。現在Aさんが勤務している訪問看護ステーションには様々な専門職が働いていますが、専門職同士の軋轢がさまざまな現場でみられるようです。どのようにすれば軋轢がなく効率の良い働き方ができるのでしょうか。
NPO法人もんじゅ 代表 飯塚 裕久 氏

労働法規を味方につけよう【第5回】

『訪問介護事業所のお悩み解決シリーズ⑤』
Q:訪問介護事業所に特化した「就業規則の作成」について
社会保険労務士東京経営管理事務所代表 特定社会保険労務士 能登 伸一 氏

日本の介護・医療を考えよう!【第56回】

『どうかわる改正介護保険法!』予防給付はどうなる?
1.利用者への説明が重要
2モラルハザードを助成させる?
3.地域間格差
4.評価は1年以上先
淑徳大学准教授 結城 康博 氏

読者の広場

☆賛助会員さん登場 【山口県】 社会福祉法人 長寿会
「利用者本位・利用者尊重」「親切・丁寧・誠実」「協働」の理念のもと、「私が入所したい施設」を目指し、温かい家庭的な生活場づくりに努めております。
☆支部・支所通信 【鳥取支部発】 「介護事業所トップマネジメント研修」のご紹介
介護事業所の経営戦略、経営管理、財務管理、人事管理を総合的に学びました。 

ケア・クッキング講座

【今月の逸品】たんぱく質が豊富な大豆製品と野菜でバランスよく「厚揚げの味噌炒め」
食のミニ百科「豆類の特徴を知って、豆製品をしっかり取ろう」
東京栄養食糧専門学校 教員 井上 典代 氏

ページの先頭に戻る