ホーム > 広報誌「ケアワーク」

広報誌「ケアワーク」

2010年1月号

特集

『実践!尿失禁予防』
・尿失禁は老年現象の一つ
・尿失禁を入口に、寝たきり状態になることも
・尿失禁のメカニズムとは
 ①妊娠・出産 ②加齢 ③肥満 ④便秘
・生活習慣を見直すことが第一歩
 ①排尿日誌をつける ②生活改善で生活習慣病等を予防 ③水分を十分に 
 ④よい排泄習慣をつける ⑤家の中の環境にも配慮
・骨盤底筋を鍛えるためには
・介護スタッフの対応も重要
【参考図書】 『尿失禁予防のアクティビティ~運動器の機能向上に~』(ひかりのくに)
<監修>東京女子医科大学看護学部地域看護学講師 中田 晴美 氏

セミナーから学ぶ

東京都新宿区『孤独死防止のための取り組み~地域住民・自治体・関係機関との連携~』
・孤独死の実態と対策の考え方
・新宿区が取り組む孤独死防止のための地域づくり
 ①一人暮らしの高齢者への情報紙「ぬくもりだより」訪問配布事業
 ②「ほっと安心地域ひろば事業」
・今後の課題
<コメンテーター>淑徳大学准教授 結城 康博 氏
 有識者の視点から見えること ~現場に求められるアウトリサーチ手法~

介護を語る

『スタッフが楽しく仕事ができる職場づくりを。家庭的な雰囲気を大切に、労働管理改善に尽力』
・人間関係による離職を防ぐためにも職場内のコミュニケーションが大切
・スッタフ本位の労働環境を整える
・一緒に働いてくれる人材は、「人財」感謝をして、人を育てていこう
・部下に全責任を負わせない部下の失敗を責めない
有限会社アシスト ひまわりの家ホームヘルプサービス所長 久保田 惠子 氏

高齢者介護のあそび学 ~介護の発想転換~ <第1回>

介護には目的が大切
・命令ではなく、同じ状態を共有してみる
・何のために起きるの?
・目的のない介護はつまらない
鎌倉市社会福祉協議会登録ホームヘルパー 中田 光彦 氏

介護事業リスクマネジメント講座<第24回> 介護事故とリスクマネジメント(その7)

事故への対応の違いから判決が対象的になった事例を紹介します。
〔事案1〕 「老人保健施設における誤嚥による死亡事故」
〔事案2〕 「特別養護老人ホームにおける誤嚥による死亡事故」
大分県介護支援専門員協会 副理事長 桑島 英治 氏    

日本の介護・医療を考えよう!<第11回>

『大病院は、1ヵ月で退院させられる!』
・患者の入院期間が短い!?
・入院継続には「カネ」がかかる!?
・転院先を見つけても・・・・
淑徳大学准教授 結城 康博 氏

読者のひろば

☆介護労働安定センター新島理事長が特別養護老人ホーム経営セミナーにて講演
  当センターが実施する各種実態調査も踏まえ、介護労働者のキャリア形成について、
  新たな視点で、講演しました。
☆賛助会員さん登場 【香川県】 特別養護老人ホーム楽々苑
  利用者一人ひとりが主体となり、笑顔で充実した一日を送っていただこうとグループの個性を
  活かしたケアを実施しています。
☆支部通信 【滋賀支部】 ・湖水に浮かぶ朱の鳥居 ・白髭神社の土鈴

ケア・クッキング講座  今月の逸品 「セロリとエビの味噌マヨネーズ炒め」

【食のミニ百貨】 疲労を回復させ、感染症予防にも効果があるにんにくで、寒い冬も元気に!
山脇学園短期大学食物科准教授 井上 典代 氏

2009年12月号

特集

『介護報酬改定後の影響と課題から考える』 ~雇用管理改善のためのヒント~
・慢性的な人手不足に悩まされる介護業界
・介護報酬改定に見る、処遇改善の方針
・報酬アップ分が処遇改善を実現させたか?
・介護報酬制度の限界と問題点とは?
・制作を連動させていくことが大切
・事業所の「雇用管理」改善への努力が大事
・チェックポイントから見えてくる課題
・専任担当者を配置しているか?
・介護報酬のみに頼り切らずに、自己努力を!
財団法人介護労働安定センター顧問 野寺 康幸 氏

介護を語る

『高齢者の身だしなみやおしゃれを支援。美容福祉で高齢者の生活をもっと豊に』
・介護の現場で美容福祉の必要性を実感
・美容福祉は心のケアとアプローチに効く
・介護現場で役立つ美容のワンポイントアドバイス
 ①高齢者に役立つ服装の支援について
 ②身だしなみに無関心な人に対し、プライドを傷つけずに大切さを促す方法
・介護と美容福祉の協働でよりよい社会を
学校法人山野学苑 山野美容芸術短期大学美容保健学科 講師 及川 麻衣子 氏

こんなときどうする? ケアワーク相談室

認知症の老夫婦にヘルパーができること
Q.夫婦2人暮らしの利用者。どちらも認知症に
Q.非協力的な利用者の奥さんにストレス
<アドバイザー>NPO法人「サポートハウス年輪」理事長 安岡 厚子 氏

健やかに暮らし、安らかに逝くために ~ターミナルケアを考える<最終回>

【一人で最期まで生き抜いた人】
・もうちょっとそばにいてくれないかしら?
・Yさんと約束を守った別れ
株式会社ケアーズ 白十字訪問看護ステーション所長 秋山 正子 氏

介護事業リスクマネジメント講座<第23回> 介護事故とリスクマネジメント(その6)

〔事案1〕 「デイサービス利用中の行方不明にかかる死亡事故」
〔事案2〕 「老人保健施設における転落死亡事故」
大分県介護支援専門員協会理事長 桑島 英治 氏       

日本の介護・医療を考えよう!<第10回>

『生涯の医療費を考えてみよう!』
・長寿社会は素晴らしいことですが・・・ ・終末期の医療を考えよう !・「命」「死」と「医療費」の関係
淑徳大学准教授 結城 康博 氏

読者のひろば

☆投稿 「介護福祉士の資格にチャレンジ!」 高橋 恵 さん(愛知県)
☆賛助会員さん登場 【高知県】 有限会社ぬくもり介護センターおおの
  独居と老人世帯の多い地域なので、常に地域に目を向け地域の情報収集をするように徹底して
  います。
☆支部通信 【三重支部】 三重は東海か近畿か

ケア・クッキング講座  今月の逸品 「カキのシチュー」

【食のミニ百貨】 元気でイキイキ食生活を送るための工夫
山脇学園短期大学食物科准教授 井上 典代 氏

2009年11月号

特集

『教科書が教えてくれないアセスメントのツボ!』
・ケアプランの成否のカギはアセスメントにあり
・課題を抽出し、解決策を導く
・デッサン式アセスメントとは
・よりよいアセスメントを可能とするコミュニケーション術
・医療・健康状態のアセスメント法
・アセスメントの向上のためには
【参考資料】 『教科書が教えてくれないケアマネ業務』(雲母書房)
<監修> 介護支援所ファイト(単独型ケアマネ事業所)ケアマネジャー 本間 清文 氏

介護を語る

『認知症・障害などの、脳の病気のリハビリ効果 園芸療法を活用した福祉ビジネスの展開』
・人の役に立ちたい思いで介護業界へ参入
・大地と親しめるデイサービスセンター
・園芸療法を広めていきたい
島田建設株式会社 社主(あるじ) 島田 隆 氏

こんなときどうする? ケアワーク相談室

Q.「自宅で最期を迎えたい」という利用者の希望で家族が対立
Q.「失禁対策のために、独断で水分制限」
<アドバイザー>保健師 木津 初美 氏

健やかに暮らし、安らかに逝くために ~ターミナルケアを考える<第19回>

【救急車を呼ぶということは?】
・救急車を呼ぶということと、死亡診断は誰が行うのか?
・一人暮らしを貫いて、一人で息を引き取ったYさん
株式会社ケアーズ 白十字訪問看護ステーション所長 秋山 正子 氏

介護事業リスクマネジメント講座<第22回> 介護事故とリスクマネジメント(その5)

(1)内部監査について
(2)マネジメントレビューについて
(3)コンプライアンス体制について
大分県介護支援専門員協会理事長 桑島 英治 氏

日本の介護・医療を考えよう!<第9回>

『家族介護と現金給付について考えよう』
・子供手当ては? ・家族介護慰労事業って? ・家族介護の現金給付について
淑徳大学准教授 結城 康博 氏

読者のひろば

☆介護俳句コーナー 光野いさお さん(愛知県)
☆賛助会員さん登場 【静岡県】 特別養護老人ホーム久能の里
  「報恩感謝」を法人の社是に揚げ、施設の処遇方針である「私たちは、私たち自身が
  入りたい施設づくりのための処遇をします。」を胸に、日々業務に励んでいます。
☆支部通信 【愛知支部】 元気が出る!「介護報酬改定対応」セミナーを開催

ケア・クッキング講座  今月の逸品 「高野豆腐の五目あんかけ」

【食のミニ百貨】 高野豆腐は生活習慣病の予防にも有効
山脇学園短期大学食物科准教授 井上 典代 氏

2009年10月号

特集

『サービス提供責任者の業務とスキルアップの方法』
・幅広い業務を担うサービス提供責任者
・サ責の知識不足が利用者の不利益を招く
・実践編 スキルアップ手法を学ぼう
<監修> 社会福祉法人 横浜市福祉サービス協会
       事業推進課 事業企画担当 課長 新井 仁子 氏

介護を語る

『高齢社会にふさわしい介護保険制度を模索 正確な調査をもとに、説得力ある政策を!』
・活動きっかけは障害児の就学問題
・介護保険をよりよい制度に
・現実的、長期的な政策を
市民福祉情報オフィス・ハスカップ主宰 小竹 雅子 氏

「平成20年サービス提供責任者実態調査」の結果から

財団法人介護労働安定センターでは、介護労働実態調査特別調査として
平成20年度サービス提供責任者実態調査を実施しました。
本調査の結果から一部抜粋のうえ掲載します。

健やかに暮らし、安らかに逝くために ~ターミナルケアを考える<第18回>

【ある作家の方との出会い】(後編)
・最期の状況に付き添って~がんの苦痛の一つでもあるしゃっくり~
・Nさんのしゃくりへの対応を通して考えたこと
株式会社ケアーズ 白十字訪問看護ステーション所長 秋山 正子 氏

介護事業リスクマネジメント講座<第21回> 介護事故とリスクマネジメント(その4)

(1)アセスメント
(2)ケアプラン
(3)介護サービスの特殊性
(4)記録の重要性
大分県介護支援専門員協会理事長 桑島 英治 氏

日本の介護・医療を考えよう!<第8回>

要介護認定調査の経過措置は解除される!
・経過措置は10月から解除 ・一次判定の判断基準のポイント
・利用者の方には安心して要介護認定を受けていただけます!

読者のひろば

☆介護俳句コーナー 佐藤寿子さん(福島県)
☆賛助会員さん登場 【長崎県】 社会福祉法人 小榊アスカ福祉会
 「地域でお年寄りが安心して暮らすことができるよう全力で支援する」ことを理念としています。
☆支部通信 【静岡支部】 国際色豊か、世界的イベント「大道芸ワールドカップin静岡」

ケア・クッキング講座  今月の逸品 「長芋のおやき」

【食のミニ百貨】 飲み込みやすく、栄養満点な長芋
山脇学園短期大学食物科准教授 井上 典代 氏

2009年9月号

特集

平成20年度介護労働実態調査結果から
平成20年度に実施した「事業所における介護労働実態調査」及び「介護労働者の就業実態と就業意識調査」の調査結果のポイントを抜粋して紹介いたします。
 公表結果は、財団法人介護労働安定センターのホームページでも公開しております。

介護を語る

低所得高齢者が抱える介護・生活問題。利用者本位の制度構築が不可欠です
・目をそらしてはいけない低所得者の介護問題
・行政の公的責任が重要性を増す
・公的施設の不足、アクセスできない高齢者
・自分に置き換えて考えてみよう
新宿区福祉部生活福祉課自立支援係主任主事 嘉山 隆司 氏

こんなときどうする? ケアワーク相談室

『介護現場におけるスタッフとの関わり方』
Q.利用者の不満や噂話をするヘルパーに不安
Q.指導してくれないケアマネ責任者。入ったばかりの事務所で疎外感
<アドバイザー>大妻女子大学人間関係学部教授 是枝 祥子 氏

健やかに暮らし、安らかに逝くために ~ターミナルケアを考える<第17回>

【ある作家の方との出会い】(前編)
・積極的な治療は望まず、いままでどおりの生活を選択
・「ケアをさせていただいてもよいですか?」
株式会社ケアーズ 白十字訪問看護ステーション所長 秋山 正子 氏

介護事業リスクマネジメント講座<第20回> 介護事故とリスクマネジメント(その3)

・手順書の存在の重要性
・介護サービスの清掃義務違反に伴う利用者の転倒・骨折事故
・被告(以下、老人保健施設をいう)の債務不履行責任について
【参考文献】 「介護事故裁判例から学ぶ 福祉リスクマネジメント」 南窓社
大分県介護支援専門員協会理事長 桑島 英治 氏

日本の介護・医療を考えよう!<第7回>

・初診料と再診料について  ・外来管理加算とは?
淑徳大学准教授 結城 康博 氏

読者のひろば

☆賛助会員さん登場 【熊本県】  有限会社まごころサービス まんまるケアセンター
 「水と森の都」熊本市と宮崎県の都城市にて訪問介護事業を中心に行っております。
☆支部通信 【岐阜支部】  天下の奇祭「どぶろく祭り」を紹介

ケア・クッキング講座  今月の逸品 「かぼちゃのプリン」

【食のミニ百貨】 効果的な間食(おやつ)の食べ方
山脇学園短期大学食物科准教授 井上 典代 氏

2009年8月号

特集

『災害時における介護の専門性』
・災害大国「日本」で重要性を増す災害時介護支援ボランティア
・介護職ならではの視点を災害介護に役立てる
・過剰な対応が生活不活発病を助長
・避難所では観察力が求められる
・充実したチームケアのために共通言語の必要性を実感
・マニュアルを策定し、情報の共有化を
・ともに活動する仲間を増やしたい
【参考・出展資料】 『災害時における介護福祉支援ボランティア・マニュアル
            ~災害現場における要援護者の自立支援と介護予防を目指して~』
            ((社)日本介護福祉士会)
<監修> 介護福祉士 池野 久恵 氏

介護を語る

『認知症の人が暮らし続けられるまちづくり。地域住民と力を合わせて、成し遂げたい』
・認知症高齢者への対応が課題に
・一番支えが必要な認知症の人を支えたい
・ロールプレイングを通じた体験型研修
・地域を巻き込み、もっと住民の力を活用したい
特定非営利活動法人アビリティクラブたすけあい 前理事長 香丸 眞理子 氏

こんなときどうする? ケアワーク相談室

『薬との関わり方』
Q.薬の適切な服用と民間療法
Q.大量な薬を処方されているようだが・・・
<アドバイザー> 社会福祉士・介護福祉士・ケアマネジャー 中田 光彦 氏

健やかに暮らし、安らかに逝くために ~ターミナルケアを考える<第16回>

【「一人じゃない」といい続けた寄り添いびと】(後編)
・これからの時間の過ごし方の工夫を
・水先案内の役割
・自分の身体の感覚を忘れている
・「快」という感覚を味わえるように
株式会社ケアーズ 白十字訪問看護ステーション所長 秋山 正子 氏

介護事業リスクマネジメント講座<第19回> 介護事故とリスクマネジメント(その2)

1.品質方針の設定について
2.サービスの標準化について
大分県介護支援専門員協会理事長 桑島 英治 氏

日本の介護・医療を考えよう!<第6回>

無届け有料老人ホームの問題!? ー 法改正と介護現場のタイムラグ ー
淑徳大学准教授 結城 康博 氏

読者のひろば

☆投稿
  自分の目で見た介護の現場  愛知県 高橋 恵さん (介護ヘルパー)
☆賛助会員さん登場 【大分県】  特別養護老人ホーム寿志の里
  ありのままに自分らしく、「ここはもう一つの我が家」として、利用者一人ひとりの
  これまでの暮らしを大切に、これからの暮らしを支えることを理念とし、明るく楽しい
  日常生活ができる施設づくりを目指しています。
☆支部通信 【長野支部】 ケア・サポート講習が好評です

ケア・クッキング講座  今月の逸品 「豚しゃぶサラダ」

【食のミニ百貨】 夏バテ防止にたっぷり取りたい豚肉
山脇学園短期大学食物科准教授 井上 典代 氏

2009年7月号

特集

『嚥下食づくりのポイント』
・料理をつくる方に求められる意識とは
・明確なイメージを持って調理する
・食材選びのポイント8点
・調理実践編 7つのポイント
・医療と介護が連携して、一人ひとりに合った嚥下食を!
【参考資料】 これからの新しい嚥下食レシピ 三輪書店
<監修> 地域栄養ケアPEACH厚木代表、管理栄養士、摂食・嚥下アドバイザー 江頭 文江 氏

介護を語る

『将来の介護を支えるのは地域住民の力 目指すは、介護を通じたコミュニティの再構築』
・講演ではあえて危機感をあおる
・トップダウンからボトムアップへ
・地域住民を対象にした活動を積極展開
・プロの中のプロを養成したい
特別養護老人ホーム ラポール藤沢 施設長 阿部 充宏 氏

健やかに暮らし、安らかに逝くために ~ターミナルケアを考える<第15回>

【「一人じゃない」といい続けた寄り添いびと】(前編)
・自殺予防に取り組んだある牧師との出会い
・「いったいどれくらい時間がありますか?」
株式会社ケアーズ 白十字訪問看護ステーション所長 秋山 正子 氏

介護事業リスクマネジメント講座<第18回> 介護事故とリスクマネジメント(その1)

・「約8割の施設で事故発生」の現実
・なぜ、介護事故は表面化しないのか
大分県介護支援専門員協会理事長 桑島 英治 氏

日本の介護・医療を考えよう!<第5回>

・今年からの要介護認定調査は「特記事項」がカギ!
淑徳大学准教授 結城 康博 氏

読者のひろば

☆投稿
 サービス提供責任者としてのやりがい
 (有)あいの手介護サービス(管理者兼サービス提供責任者) 田北 淳子 氏
☆介護俳句コーナー 小川牧子さん(徳島県)
☆賛助会員さん登場 【鹿児島県】 社会福祉法人 ひまわり会わかまつ園
 「いつも笑顔とぬくもりを」を理念に掲げ、優しさと安全をスタッフのモットーとしながら、
 日々お年寄りの介護に努めております。
☆支部通信 【福井支部】 キャリアアップと支部事業

ケア・クッキング講座  今月の逸品 「そぼろ入り卵」

【食のミニ百貨】 良質なたんぱく質の宝庫 “卵”で元気!
山脇学園短期大学食物科准教授 井上 典代 氏

3つの雇用管理モデルができました!

『20年度「介護分野における雇用管理モデル共同事業」報告』
当センターは、介護労働者の雇用管理改善を通じて、雇用の安定と能力の育成等に
資することを目的に「介護分野における雇用管理モデル共同事業」を行いました。
1.「介護老人保健施設における介護職員キャリアアップシステムの確立」
  (社)全国老人保健施設協会(東京)との共同事業
2.「指定訪問介護サービスにおけるサービス提供責任者の役割意識と職務スキルの開発」
  (株)やさしい手(東京)及び(株)やさしい手甲府八王子事業所(東京)との共同事業
3.「個室・ユニット型施設における組織マネジメントと職員教育プログラム」
  特養ホームサザン小川、シリウス、セラヴィ、菜の花館,悠ゆう、花みづき寮
  (いづれも群馬県)との共同事業
詳しくは、当センターのホームページで公表しおてります。

2009年6月号

特集

『食中毒の知識と食品の保存法』
・食中毒の被害が出やすい高齢者
・細菌やウイルスは私たちの身近に
・食中毒予防の3原則を徹底すること
・食品は4種類に分けられる
・冷蔵・冷凍などの保存方法を確認
・愛情を持って調理することが重要
<監修>山脇学園短期大学食物科准教授 井上 典代 氏

介護を語る

『介護支援専門員には高い調整能力が求められています』
・介護報酬改定とケアマネジャーの役割
・高い「志」がある方こそ、傾向と対策
・サスケ、攻略本の発刊に際して(介護労働安定センターより平成21年6月発売予定)
※本文中には「平成20年6月発売予定」となっておりますが、「平成21年6月発売予定」の誤りです。
「ケアマネ・Step Up・模擬試験~サスケ~」「ケアマネ攻略本~一夜漬けの素~」の著者
古本 達也 氏

こんなときどうする? ケアワーク相談室

『スタッフへの指導』
Q.注意したらすぐ欠勤。新人ヘルパーの指導に不安
Q.利用者から精神的苦痛を受けて、ヘルパーが体調不良に
<アドバイザー>株式会社新生メディカル 代表取締役 石原 美智子 氏

健やかに暮らし、安らかに逝くために ~ターミナルケアを考える<第14回>

【開かれた窓】
・ひとり介護を支えて
・「リハビリ嫌い」に隠された本当の気持ち
・在宅介護が生きる意欲を呼び覚ました
株式会社ケアーズ 白十字訪問看護ステーション所長 秋山 正子 氏

介護事業リスクマネジメント講座<第17回> 福祉における“働きがい”とは(その3)

・給与から見た働きがい
・「介護の仕事」の本質から見た働きがい
大分県介護支援専門員協会理事長 桑島 英治 氏

日本の介護・医療を考えよう!<第4回>

後期高齢者医療制度はどうなる!?
・保険料関係 ・窓口自己負担
淑徳大学准教授 結城 康博 氏

読者のひろば

☆賛助会員さん登場 【和歌山県】 社会福祉法人 喜成会
 「『活動力と和』をモットーに、地域に開かれた、地域にあいされる、地域に信頼される法人を
 目指します」という法人理念のもとに歩んで参りました。
☆支部通信 【宮城支部】 神輿がが船で湾内を巡幸! 日本三大船祭り「塩竃みなと祭」

ケア・クッキング講座  今月の逸品 「じゃこサラダ」

【食のミニ百貨】 骨と歯を丈夫にするじゃこサラダ
山脇学園短期大学食物科准教授 井上 典代 氏

2009年5月号

特集

『終末期の苦しむ方を前に、介護者ができること』
介護者は、死を目前にした患者(以下、主に介護保険サービス利用者の事を示す場合は、
「利用者」と表現)の方に対し、どのようにコミュニケーションをとり、援助することができるのか。
・関心が高まる終末期ケア
・利用者のよき理解者となるために
・実践編  理解者になるための聴き方
・一人で悩まず、チームワークで対応しよう
<指導>医学博士、総合内科専門医 小澤 竹俊 氏

介護を語る<特別企画>

『平成21年度介護報酬改訂の影響 後編』
サービス提供責任者は訪問介護サービスの要。その働きにふさわしい評価をすべき!
・個別サービス
②訪問介護
③グループホーム
④小規模多機能型居宅介護
特定非営利活動法人 暮らしネット・えん代表理事 小島 美里 氏

こんなときどうする? ケアワーク相談室

認知症の方の食事拒否
Q.食べ物を喉に詰まらせてから食事を拒否
Q.認知症の方の被害妄想に、どのように対応すべきか?
<アドバイザー>NPO法人サポートハウス年輪 理事長 安岡 厚子 氏

健やかに暮らし、安らかに逝くために ~ターミナルケアを考える<第13回>

【終わりよければすべてよし】の実践例
・人々の意識の高まりを感じた上映会
・死を自分のこととして捉えられる生き方
株式会社ケアーズ 白十字訪問看護ステーション所長 秋山 正子 氏

介護事業リスクマネジメント講座<第16回> 福祉における“働きがい”とは(その2)

・大分県の福祉・介護現場の「働きがいと働きにくさ」調査より
・「利用者との関係」や「仕事内容」に働きがいを感じている
大分県介護支援専門員協会理事長 桑島 英治 氏

日本の介護・医療を考えよう!<第3回>

介護認定調査が変わる!?
淑徳大学准教授 結城 康博 氏

読者のひろば

☆投稿 【魔法をかける「うんどう楽園」】 
  千葉県君津市 村野房子さん 有限会社山っ子介護サービス
☆介護俳句コーナー 神無月はじめさん(東京都)・ 睦月みどり子さん(東京都)
☆賛助会員さん登場 【福島県】 ケアーネット・どばし
  お一人お一人が「本当に自分らしい生活ができているか」を常に念頭に置き、
  質の高いサービスが提供できるよう研鐟に努めております。
☆支部通信 【新潟支部】 NHK大河ドラマ「天地人」の主人公直江兼続と主君上杉景勝縁の地

ケア・クッキング講座  今月の逸品 「チーズ入りハンバーグ」

【食のミニ百貨】 低栄養を予防する肉類を食べやすく
山脇学園短期大学食物科准教授 井上 典代 氏

2009年4月号

特集

『口腔ケアで伝えたいこと、学んでほしいこと』
知らず知らずのうちに衰えてくる口の中の機能。
口腔ケアの重要性や、所見などについて語っていただきました。
・口腔のトラブルは心身に大きく影響だからこそ口腔ケアは欠かせない
・加齢により、口腔機能が衰える
 ①唾液分泌の減少
 ②咀嚼機能の低下
 ③嚥下機能の低下
・口腔ケアを実践してみよう!
 ①口腔清掃の実践
 ②入れ歯を使っている人の口腔清掃
・口腔の体操も効果的。やってみるとさまざまな効果が
【参考資料】 介護レベルアップシリーズDVD『口腔ケア~知っておきたい口腔ケアの基本~』
        (企画・監修・販売 財団法人 介護労働安定センター)
<指導>歯科衛生士・ケアマネジャー 千羽 富紀子 氏

介護を語る<特別企画>

『平成21年度介護報酬改定の影響 前編』
介護保険制度発足以来、初のプラス改定 業界の健全発展を考えると、疑問符も
3%のプラス改定。果たして、介護業界の人材難を解消するか
・今回の改訂における総論
・全体的な見地から
 ①人的加算による影響
 ②地域区分の見直し
・個別サービス
 ①居宅介護支援
特定非営利活動法人 暮らしネット・えん代表理事 小島 美里 氏

こんなときどうする? ケアワーク相談室

利用者の急変
Q.ペースメーカー利用者の対応に不安
Q.腕の腫れが引かず心配。救急車を呼ぶべきか。
<アドバイザー>保健師 木津 初美 氏

健やかに暮らし、安らかに逝くために ~ターミナルケアを考える<第12回>

【終わりよければすべてよし】
・終末期医療のありかたについて問いかけるドキュメンタリー映画
・日本のおかれている現状と映像をとおしてみえてくること
・この映画で取り組んでいる在宅医療につなげるためには?
株式会社ケアーズ 白十字訪問看護ステーション所長 秋山 正子 氏

介護事業リスクマネジメント講座<第15回> 福祉における“働きがい”とは(その1)

・福祉の職場の中心となる社会福祉法人とは
・介護事業者の収入の流れ
大分県介護支援専門員協会理事長 桑島 英治 氏

日本の介護・医療を考えよう!<第2回>

改定後も介護施設の報酬本体部分は変わらない!
・加算を包括して、引き上げに盛り込まれた今回の改定
・老人保健施設でも実質的には変わらない
淑徳大学准教授 結城 康博 氏

読者のひろば

☆投稿 【和の介助】 宮城県蔵王町 小松さん (介護福祉士・レクインストラクター)
 今、「和風」が見直されています。日本の芸能、武芸の所作区(身体技法)は、
 日常活動しない深層筋を目覚めさせ、介護予防、ADL向上、腰痛防止などに
 大いに効果があるとされるからです。
☆賛助会員さん登場 【栃木県】 デイサービス智光薬湯
 経営理念は「人々の健康に奉仕し、癒し、喜んでもらう」ことであり
 「利用者様とともに家族にも喜んでいただくこと」という認識に基づき、
 各種サービスを提供しています。
☆支部通信 【神奈川支部】 横浜開港150周年

ケア・クッキング講座  今月の逸品 「うぐいす餅」

【食のミニ百貨】 簡単にできるおもてなしの和菓子
 ・作るポイントと工夫について
 ・餅や小豆に含まれる大切な栄養素
山脇学園短期大学食物科准教授 井上 典代 氏

2009年3月号

特集

『認知症に伴う周辺症状への理解と対応』②
~それぞれの症状に合わせて、適切なケアを目指そう~
今月は2月号に引き続き、周辺症状の具体的対応を中心に伺いました。
実践編 周辺症状の個別対応 事例
 ③抑うつ状態と自発性の低下
 ④心気症状
 ⑤「家にそろそろ帰らせていただきます」
行動症状の特徴と対応
 ①昼夜逆転
 ②徘徊
 ③性的な行為
【参考資料】 「専門医が診た家庭介護の実際 目撃!認知症の現場」(一ツ橋書店)
        「新しい痴呆の介護読本」(新企画出版社)
<監修>あしかりクリニック院長 医学博士 芦刈 伊世子 氏

介護を語る

『同じ立場だからこそ分かる若年認知症の課題 経験を踏まえ、その解決の力になりたい』
若年認知症の奥様を介護されたご自身のご経験や教訓さらには活動内容についてお聞きしました。
若年認知症家族会・彩星(ほし)の会代表
NPO法人若年認知症サポートセンター理事 千場 功 氏

日本の介護・医療を考えよう<第1回>

09年介護報酬改定で1点単位が変わる
・これからの医療・介護を読者の方と共に考えよう
・「地域区分」の単位をしっかりと押さえよう
・「加算」項目のチェックもしっかりと
淑徳大学准教授 結城 康博 氏

健やかに暮らし、安らかに逝くために ~ターミナルケアを考える<第11回>

認知症の終末期にどう関わるのか?
・認知症の方を支える地域ケア体制への議論と課題
・ケアする人・ケアされる人の双方が満足いく最期を迎えるために
株式会社ケアーズ 白十字訪問看護ステーション所長 秋山 正子 氏

介護事業リスクマネジメント講座<第14回> 福祉を、魅力のある職場にするには(その4)

・3%アップの介護報酬改定は
・報酬改定の基本的な視点とは
・居宅介護支援事業所の赤字脱却へ
大分県介護支援専門員協会 理事長 桑島 英治 氏

コレって知ってる?(ふだん使っているその言葉、あなたは、その意味を正確に理解してますか?)

☆混合診療(こんごうしんりょう)
☆上乗せ・横出しサービス(うわのせ・よこだしさーびす)
慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室助教 石橋 智昭 氏

読者のひろば

☆賛助会員さん登場 【埼玉県】 訪問介護ベストケア与野ステーション
 介護の仕事に携わっている事に感謝しながら、「人と心を大切にします」と、
 「感謝!そしてただひたむきに・・・」をフレーズに日々精進を重ねていく覚悟です。
☆支部通信 【東京支部発】 東京支部は事務所を移転します。

ケア・クッキング講座  今月の逸品 「鯖と野菜のカレーソテー」

【食のミニ百貨】 鯖はアンチエイジングに効果的
 ・老化防止にも効果的な鯖の栄養価
 ・鮮度低下が激しいため、早く調理しよう
山脇学園短期大学食物科准教授 井上 典代 氏

2009年2月号

特集

『認知症に伴う周辺症状への理解と対応』 ①
~周辺症状とは何かを押さえた上で、具体的なケアを行おう~
2・3月号と2号にわたり、周辺症状への理解、介護を行う上でのポイントについてお伺いします。
・認知症は物忘れを自覚できない状態になっていく
・介護の負担を重くする認知症に伴う周辺症状
・周辺症状を理解することが介護を行う出発点となる
・実践編 周辺症状の個別的対応
①不安・憔悴状態 
②物盗られ妄想
【参考資料】 「専門医が診た家庭介護の実際 目撃!認知症の現場」(一ツ橋書店)
        「新しい痴呆の介護読本」(新企画出版社)
<監修>あしかりクリニック院長 医学博士 芦刈 伊世子 氏

介護を語る

『介護現場は、人間関係に対する精神的疲労が蓄積。高い理想と現実のギャップに対応しよう!』
介護従事者のストレスの現状、メンタルヘルスに向けた対応策やストレスが少ない職場環境の必要性について
臨床心理士 菊住 彰 氏

こんなときどうする? ケアワーク相談室

サ責として利用者・ご家族の不満に応える
Q.専任のヘルパーを要望されたが・・・
Q.介護認定結果の不満が先行し、必要な話を聞かせてくれない
<アドバイザー>株式会社新生メディカル 代表取締役 石原 美智子 氏

健やかに暮らし、安らかに逝くために ~ターミナルケアを考える<第10回>

食べられなくなったらどうするか?
・胃瘻の技術の進歩による利点と難しさ
・「食べられなくなった状態」の自分自身と家族の姿をイメージできるか?
・人生の最後の取捨選択のために大切なこと
株式会社ケアーズ 白十字訪問看護ステーション所長 秋山 正子 氏

介護事業リスクマネジメント講座<第13回> 福祉を、魅力のある職場にするには(その3)

・安心と希望のある超高齢社会を実現するために
・「安心と希望の介護ビジョン」3項目
・政府、企業、地域、国民が力を結集することが必要
大分県介護支援専門員協会 理事長 桑島 英治 氏

コレって知ってる?(ふだん使っているその言葉、あなたは、その意味を正確に理解してますか?)

☆生活保護(せいかつほご)
☆介護扶助(かいごふじょ)
慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室助教 石橋 智昭 氏

読者のひろば

☆介護俳句コーナー 南條 昌二 さん(東京都)
☆賛助会員さん登場 【富山県】 社会福祉法人アルペン会
  様々な研修で得た知識・技術を職員が共有し、チームワークで実践することにより、
  利用者の皆様が生活の質のあり方を向上されることを大切にしています。
☆支部通信 【千葉支部発】 有意義な講習の開催に向けて
☆NHKから取材を受けました。
  介護職員基礎研修の対象者の属性や、カリュキュラムなどの事業の詳細についての
  取材依頼がありました。(NHK解説委員 飯野 奈津子 さん)

ケア・クッキング講座  今月の逸品 「大根の肉詰め」

【食のミニ百貨】 冬の旬の大根をたっぷりと使おう
 ・生の大根は胃にやさしい。加熱後は、甘味が一層増し、食べやすく
 ・様々な種類の大根と豊富な調理法
山脇学園短期大学食物科准教授 井上 典代 氏

ページの先頭に戻る